『未満警察』次郎(平野紫耀)の初恋相手役に蓮佛美沙子、切ないエピソードが…

TV 公開日:2020/07/16 18
この記事を
クリップ

中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)がW主演を務める土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)。

毎話、事件に関わる様々な重要人物を豪華ゲストが演じている本作だが、来週7月25日(土)に放送される第5話に、次郎(平野紫耀)の幼馴染の初恋相手であり、快(中島健人)と次郎が巻き込まれる覚せい剤密売事件に関わる女性・望月凛花役として蓮佛美沙子の出演が決定した。



さらに密売事件を追う刑事・丸橋役として高橋努、凛花と行動を共にする仲間・白木役として桜田通も出演する。


第5話では、外出日にクラブに出かけた快と次郎が、覚せい剤のガサ入れに巻き込まれる。取調で見せられた売人グループの写真には、次郎の幼馴染・凛花の姿が……。次郎と凛花が幼馴染と知った組対の刑事・丸橋は、快と次郎に潜入捜査を依頼する、という内容になっている。


次郎の切ない初恋のエピソードや、兄の遺志を継いで警察官になりたいと思った理由を知ることができる重要な回となっている。


<第5話 ストーリー>

ある日の夜、覚せい剤の売人グループを逮捕するため、刑事の丸橋(高橋努)、根本(渋江譲二)らは閉店したクラブのVIPルームに足を踏み入れていた。だが、犯人たちはすでに逃走していて、室内はもぬけの殻。するとそこに、何も知らない本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がやってくる。自分たちは警察学校の学生で、外出届を提出してクラブに遊びに来ただけだと説明する2人に、「こいつらを見てないか?」と売人グループの写真を見せる根本。その写真には、一ノ瀬の幼なじみ・望月凛花(蓮佛美沙子)が写っていた。凛花が覚せい剤の売買に関わっていると知りショックを受ける一ノ瀬。そんな中、丸橋と根本の依頼で潜入捜査をすることになった一ノ瀬は本間と共に凛花に会いに行く。


▼あわせて読みたい


■「未満警察 ミッドナイトランナー」

毎週土曜夜10時~10時54分放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。