傳谷英里香『未満警察』で意識したのは“女性らしさ”、自身の寮生活経験も明かす

TV 公開日:2020/07/11 42
この記事を
クリップ


――寮生活で大変だったことというと?


「掃除とプライベート空間の確保ですかね。どこの掃除担当か決まっていたんですけど、掃除のレベルってそれぞれ違うじゃないですか。協調性は本当に大切だと思います。あとは、常に誰かがいるので、本当の意味でオフの時間を作るのは難しかったですね。」



――『未満警察』のメンバーで掃除をやらなそうなキャラクターというと?


「それがみんなマジメなので掃除もやってそうなんですよね。ただ、黒岩くん(葉山奨之)は少しお調子者なところがあって。ノリで“ちょっとサボっちゃおうぜ”って言うかもしれません(笑)。でも、なんだかんだ、みんなちゃんと掃除や決まり事は守る人たちだと思います」




――警察学校のトレーニングシーンは大変そうでした!

「比較的、体力には自信があるんですけど、大変なトレーニングもあって、みんなと“これ、ホントにきついね”って言っていました(笑)。だからこそリアリティも出たんじゃないかなと思います。それに警察学校のスケジュールって本当にすごくて。朝早くて、トレーニングの時間も多く、自分の時間も少ない。その中で警察官になるためどうあるべきかを考えなきゃいけないので、シビアな世界だなって思いました」


――CA、警察学校の学生ときて次にやりたい役はありますか?

「色んな役に挑戦してみたいですね。ただなにかあげるとしたら、家族ものをやってみたいです。あと学校の先生に憧れていた時期があります。国語や美術の先生がステキだなって感じたことがあったので、先生役もやってみたいです」


――先生というと、熱血教師や生徒と禁断の恋をしてしまう教師の物語などもありますが、どんな先生を演じてみたいですか?


「やっぱり生徒の見本となるような先生を演じてみたいですね。でも悪い先生も面白そう(笑)。今はいろんな役どころに挑戦したいので、どんな先生役にも興味があります。もちろん、悪女とかも(笑)」


――最後にドラマを見てくださる視聴者の方にメッセージをお願いします。


「物語としては主演のお2人の絆や、いろんな登場人物を巻き込んで事件を解決していく見ごたえのある作品です。緊張感のある戦闘シーンと、食堂の平和なシーンのコントラストも楽しんでいただければうれしいです」



未満警察 ミッドナイトランナー

日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜22:54放送

出演 : 中島健人(Sexy Zone)、平野紫耀(King & Prince)、吉瀬美智子、大幡しえり、葉山奨之、竹内愛沙、傳谷英里香、阿岐之将一、小平大智、中村ゆり、原田泰造、伊勢谷友介

脚本 : 渡辺雄介

音楽 : 木村秀彬

チーフプロデューサー : 池田健司

プロデューサー : 藤村直人、森雅弘、柳内久仁子(AX-ON)

演出 : 南雲聖一、長沼誠、大谷太郎

制作協力 : 日テレアックスオン

製作著作 : 日本テレビ

(c)日本テレビ


文・写真:今 泉

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)