『ハケンの品格』 ゴミ清掃員として出演するのは…ベストセラー作家の“あの芸人”

TV 公開日:2020/07/08 20
この記事を
クリップ

篠原涼子主演で13年振りに復活を果たした『ハケンの品格』。主人公・大前春子をはじめ、東海林武(大泉洋)、里中賢介(小泉孝太郎)、浅野務(勝地涼)、近耕作(上地雄輔)ら前作からのキャストの変わらずも懐かしい絡みや、井手(杉野遥亮)、亜紀(吉谷綾子)、小夏(山本舞香)、三田(中村海人)ら、新キャストたちの活躍が話題を呼んでいる。


そんな中、芸人という本職もありながら、ゴミ清掃員の正社員として働き、2018年にその体験を綴ったエッセイがベストセラーに。3月に発表された文学誌「文学界」新人賞で自身の作品が最終選考まで残るなど、活躍の幅を広げている芸人・マシンガンズ滝沢秀一が7月15日第5話に出演。役柄は「ごみ清掃員」という、本人と同じ職業での登場。先日には小池百合子東京都理事とライブ配信で対談を行った経験もありながら、「篠原さんと小泉さんのオーラが半端じゃなく・・・とにかく緊張しました」と語った滝沢。ドラマでは一体どんな顔を見せてくれるのか・・・・?


そして、東海林(大泉洋)も登場の「ハケンの品格」第4話は、今夜10時から。リアルタイムでお楽しみに。

1~3話の振り返りはコチラ▼


<マシンガンズ滝沢秀一コメント>

前作から大好きな作品で、特に妻が大ファンなので出演が決まった時はまっ先に妻に報告しました。「誰と共演するの?!」と僕より喜んでくれて(笑)。篠原さんと、小泉さんとのシーンだったんですが、とにかくお二人のオーラが凄まじくて・・・緊張もしましたが、現場がとても明るくかつテキパキと仕切ってくださって、楽しく演じさせていただきました。今回、ゴミ清掃員役としてのオファーで、実際正社員としてゴミ清掃員をやっているのですが、「ハケンの品格」に出られたことで、「ゴミ清掃員になって良かった!!」と改めて思いました。マシンガンズはコントをやらないので、“演じる”ことが普段全くないんですが、関係者の方々に私のお芝居をご覧いただき、是非オファーをいただけたらと思っております!



#4あらすじ

自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに、困惑する一同。大前春子(篠原涼子)は注意するが、宇野部長(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺される。実は井手は、S&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社の上、特に贔屓にされていたのだ。そんな中、井手と三田(中村海人)は初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまう。その失態を知った井手は姿を消してしまいー。運悪くその時、井手の母、美香が息子の働く様子を見学に来る。出迎える里中(小泉孝太郎)と東海林(大泉洋)は、井手が見つかるまでの時間伸ばしに必死に。ついに春子が、井手を見つけるが、そこはなんと冷蔵倉庫。井手は責任を感じて回収品の整理をしていたのだ。ところが、突然停電が起き、極寒の中、2人揃って冷蔵倉庫に閉じ込められてしまう!この大ピンチに春子はー。


『ハケンの品格』

 2020年4月期日本テレビ水曜22時~23時

第4話 7月8日(水)夜10時~

第5話 7月15日(水)夜10時~

<出演者>    篠原涼子 小泉孝太郎 勝地涼 杉野遥亮 吉谷彩子 山本舞香 

中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)  上地雄輔 塚地武雅(ドランクドラゴン) 

大泉洋(特別出演) 伊東四朗


©日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。