中条あやみ、本郷奏多の意外な内面明かす「愛情深いところもあるんだなと….」

TV 公開日:2020/07/10 9
この記事を
クリップ

7月11日午後9時よりNHK BSプレミアムにて放送予定の特集ドラマ『56年目の失恋』に出演する女優の中条あやみと俳優の本郷奏多が、メディアによる合同インタビューに出席した。


同作は、1964年と2020年の東京を舞台に生きる男女が、56年という時空を超えて出会うラブストーリー。時を超えた男女の出会いを通じて、56年の間に日本人が得たもの、失ったものを浮かび上がらせ、56年間という時に耐える、普遍的な価値観、愛を問いかける。


フランス料理のコンテストで優勝経験があり、一流レストランに入ったものの自身の料理が評価されず皿洗いばかりの日々に自信と情熱を失いつつあるなか、突如1964年の東京にタイムスリップしてしまうという女性・中川沙織を演じる中条は、料理人を演じるにあたって料理の練習をしたそう。「昔にタイムスリップするという話なので、じゃがいもの皮をピーラーを使わずに包丁でむきつづけるという練習と、料理を綺麗に盛り付けできるように教えていただきながら練習しました」と報告。



1964年の東京で西洋料理のコックをする菊池隆一役の本郷は「中条さんほど実際に料理をするシーンはなかったので、そんなに(練習は)やってないんです」としたうえで、「でも中条さんがすごい練習をしてらっしゃったのを見てました」と収録を振り返った。


また中条は、沙織という役柄について「常識を超えた勢いのある女の子で、男の人に負けないという気持ちでどんどんチャレンジしてくる感じが面白いと思った」という。「コメディタッチでやった方が面白いかなと思ったんですけど、監督に『もうちょっと真面目な感じで』って言われたので、『あ、コメディな感じじゃなかったのか』と思って、真面目な方でキャラクターを演じました(笑)」と演技指導を受けたことを明かした。


一方、本郷は隆一という役柄を「すごくいい男。優しいしかっこいいし、多くを語らないけど尊敬できるような素敵な男性。まさに僕と一緒だな(笑)」と冗談を入れつつ軽妙なトークで表現。さらに「冒頭、沙織がいる2020年のシーンで『オリンピックに向けて新しいメニューを考案するぞ』みたいな入りから始まるんです」と2020年に開催予定であった東京オリンピックに触れ、「撮影していた時点では、新型コロナウイルスの影響で延期するなんて想定外。残念だなって思ってしまうところもあるんですけれど、ドラマはフィクションですし、タイムスリップなんて科学的にありえないですから(笑)。今回の作品は楽しんでいただけたらなと思います」と、同作を楽しんでもらえるよう呼びかけた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)