草彅剛、出演者の洋服約100万円分を自腹で購入に「うそでしょ?」と驚きの声続出

TV 公開日:2020/07/06 15
この記事を
クリップ

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人によるSNSを本気で遊び倒すSNSバラエティ番組『7.2新しい別の窓 #28』(ABEMA、ABEMA SPECIAL2チャンネル)が、7月5日に放送された。


7月5日の本放送回では、稲垣、草彅、香取それぞれがお久しぶりとなる特別ゲストが登場し、懐かしの思い出話をクイズ形式で楽しむ「お久しぶり企画」を実施。トップバッターの草彅が、お久しぶりゲストの待つ別室へ向かうと、そこには『『ぷっ』すま』で草彅と約17年間共に時間を過ごし、7月からフリーアナウンサーとして活動する大熊英司アナウンサーが登場。「おお!こんにちは!大熊さんお元気ですか?」という草彅に、大熊アナウンサーは「お久しぶりです」と笑顔で答える。番組が終了して以来、約2年3カ月ぶりの再会という2人は、『ぷっすま』収録時に起こった草彅の驚きの行動や、収録中の思い出エピソードをクイズ形式で披露。

なかでも、草彅が出演ゲストをコーディネートするという番組企画で、突然スイッチが入り、出演者分のヴィンテージの洋服を約100万円分自腹で購入してあげたという衝撃エピソードが明かされると、出演者からは「100万円!?」「うそでしょ?」と驚きの声が続出。

大熊アナウンサーは「ゲストさんの予算があって、それを超えたら草彅さんが払うという企画だったんですけど、あまりにも高くて、そしたら草彅さんが『全部払ってあげるよ』って。それが25万円ちょっと。草彅さん自身が欲しいジャケットが25万円で、ユースケさんのジャケットも25万円。最後に大熊さんも買おうとなって買ったのがこのヴィンテージジーンズです」と説明し、草彅に買ってもらった23万円のジーンズを披露した。突然スイッチが入り、共演者にプレゼントをしたという草彅に、香取は「スターだ!(笑)」とコメントし、キャイ~ンのウド鈴木も「かっこいい!」と絶賛した。




続いて、香取のお久しぶりゲストにはドラマやバラエティで共演した速水もこみちが登場。『おじゃMAP!!』に20回近く出演したという速水は、“1番ビックリした事”として香取の大食いエピソードを披露。「お会いする前からよく食べられることは知っていたんですが、初めて食べている姿を見て想像以上でした」とコメント。

さらに、当時香取がロケでステーキを1キロ食べていたことが明かされると、みちょぱは「え!1キロ!?」と驚きの表情を見せていた。香取の大食いエピソードは続き、草彅が「タモリさんかヒロミさんの家に行ったときに、慎吾がすごい食べるから肉を5キロくらい準備していて。でも実際はあんまり食べなくて、話と違うって…(笑)」と語ると、香取は「タモリさんちに呼ばれた時に、『お前のために肉を用意した』といって焼いてくれた。1キロくらいは食べたんだけど、冷蔵庫見せられて「こんなに肉余ってどうするんだ」と言われて(笑)もう1キロも食べたのにって思った」と説明し、スタジオの笑いを誘った。



稲垣のお久しぶりゲストには2015年に舞台『No.9-不滅の旋律-』で稲垣と共演した、アーティストで俳優の加藤和樹が登場。稲垣を「兄さん」と慕う加藤は、キャストみんなが仲良くなるために稲垣が「LINE」グループを作ったというエピソードを披露。当時、「LINE」をやっていなかった稲垣からは想像ができないエピソードに、思わず草彅、香取も「意外だね、知らなかった」「ちょっと何!?信じられない」と驚いた様子。このエピソードに稲垣は「最初の頃、グループLINEが楽しくなっちゃって。1幕と2幕の間とかにもスタンプいっぱい送って。僕は繋がっているのが嬉しいし、LINE自体も物珍しいから。共演者のみんなはLINEの経験者だから、LINEの温度が違ったんだけどね(笑)」と当時を振り返った。

さらに、本コーナーには香取のお久しぶりゲストとしてタレントの勝俣州和が登場。3人とは1989年スタートの『アイドル共和国』からの付き合いという勝俣がデビュー時期について振り返ると、草彅が「慎吾は欽ちゃんと『仮装大賞』とかやっていて、世間的には“慎吾ちゃんが欽ちゃんファミリーだよ”っていうイメージだけど、違う俺だ!」と宣言。さらに「初めて出たテレビが、勝俣さんと一緒に出た『欽きらリン530!!』で。僕が元祖欽ちゃんファミリーなの。その後、慎吾ちゃんが『よ!大将みっけ』とか、俺より面白いことになっていって、生粋の欽ちゃんファミリーになっちゃった」と説明した。

香取も「当時CHA-CHAのデモテープをもらっていた。『つよぽんCHA-CHAになるんだね』って。そこにはずっと一緒にいるのに同じグループになれない寂しさもあって。でも(草彅さんが)入らないことになって『入らなくなったんだ!』って2人でハグしたのを覚えている」と当時のエピソードを明かすと、スタジオからは「えー!」と驚きの声があがり、視聴者からは「シンツヨのエピソードかわいい!」「一緒になれてよかったね」といったコメントが殺到した。

番組のラストには、演歌歌手の山内惠介を迎え「ななにーSPライブ」を開催。井上陽水の『少年時代』を4人でパフォーマンス後、香取がTHE BOOMの『風になりたい』、稲垣があいみょんの『マリーゴールド』、草彅がBUMP OF CHICKENの『天体観測』を1人ずつパフォーマンスし、最後は3人で『72かのナニかの何?』を歌唱、7.2時間の生放送を締めくくった。


そのほか、2020年本屋大賞を受賞した作家の凪良ゆうを迎えた「インテリゴロウ」で、稲垣が初めて“BLの世界感”に触れた様子や、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉、カンニング竹山、最上もが、遼河はるひ、EXITら豪華芸能人が集結し、白熱した心理戦を繰り広げた「ななにー人狼ゲーム」の模様は「ABEMAビデオ」で視聴が可能。ぜひお楽しみいただきたい。



■『7.2新しい別の窓』#28

放送日時:2020年7月5日(日) 午後3時~夜10時15分
     毎月第1日曜日 午後3時~生放送
放送チャンネル:ABEMASPECIAL2
出演:稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾


(C)AbemaTV,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)