森田望智主演『あの子が生まれる・・・』主題歌&メインビジュアル公開

TV 公開日:2020/07/04 6
この記事を
クリップ

動画配信サービスFODで7月18日(土)より配信スタートする鈴木光司書き下ろしの新作オリジナルホラーで、森田望智初主演ドラマ『あの子が生まれる・・・』の主題歌が、今注目の若手シンガーソングライター・eillの『Night D』に決定した。また、今作のメインビジュアルが完成し、初公開となった。




『あの子が生まれる・・・』は、 日本のみならずハリウッドでも映画化された『リング』シリーズなどを手掛け、 全世界にジャパニーズホラーブームを巻き起こした作家・鈴木光司の書き下ろしによる完全オリジナル作品で、主人公の看護師を演じる森田望智は今作が初のドラマ主演となる。今回、ドラマの主題歌に決まったのは、2019年11月にリリースしたファーストアルバム『SPOTLIGHT』が話題となり、 m-floの『loves』再始動第1弾『tell me tell me』、 さなり『Nights』へのfeat.として参加するなど、各所から注目を集める弱冠22歳のシンガーソングライター・eillの2020年3rdシングルとなる『Night D』。 80KIDZと制作した真夏のミッドナイトドライブソングで、 マスタリングには世界屈指のエンジニア・Randy Merrill(STERLING SOUND)が手がけており、 8月5日にデジタルリリースされる。


また、 今回初公開となるメインビジュアルは、 森田演じる主人公の今泉菜央を中心に、 彼女を取り巻く人間たちの様々な感情や複雑な人間関係を表し、 生身の人間の恐ろしさを表現し。


本作は、郊外のとある病院“新生病院”が舞台。かつては由緒ある病院として人々から愛されていたが、あることをきっかけに歯車が次第に崩れ始め、次々と明らかになる病院の闇。地位や名誉、欲望と嫉妬、そして復讐。病院を取り巻く人間模様が複雑に絡み合い、罪に罪を重ね衰退していく病院。その中で誕生する美しきモンスター。この世で一番恐ろしいのは、我々人間なのかもしれない・・・、というジャパニーズホラーの巨匠が贈る、 人間の確執を描いたサスペンスホラー作品。

また本日、eillからコメントも到着した。


eill コメント

『あの子が生まれる・・・』の台本を読ませて頂き、 感じた人間の闇と遠くへ逃げたくなるような衝動を疾走感のある80sサウンドに詰め込みました。 台本を読んだ時、 ハラハラとトリハダが止まらなかったのでこの感動をNight D(ナイト ドライブ)ともう一度ドラマで味わえるのがとても楽しみです


企画・プロデュース:清水一幸

昨年発売されたファーストアルバムを聴いた時に、 『SPOTLIGHT』『この夜が明けるまで』の頭2曲だけで、 その出現感と等身大な歌詞、 そして音楽に圧倒され、 耳に残るたくさんのメロディーは『とにかくすごい!』と魅力的に感じました。 今回ホラーを制作しようと決めた際、 すぐに主題歌はeillさんにお願いしたいと思いました。 eillさんの力強い声と綺麗な声のメリハリがとにかく生きています。 “ゾクゾク”そして“ドキドキ”とさせるドラマの内容と主題歌「Night D」の共鳴を、 楽しみにしていて下さい!



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)