綾野剛&星野源、二人の仲と芝居にワクワクが止まらない『MIU404』

TV 公開日:2020/06/26 10
この記事を
クリップ

TBSで放送延期となっていた金曜ドラマ『MIU404』が、6月26日(金)よる10時からいよいよスタート。

綾野剛と星野源がW主演を務め、『逃げ恥』『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子によるオリジナル脚本。しかも、主題歌はドラマ『アンナチュラル』でもドラマを彩った米津玄師。その情報だけでも、すでに期待値MAX。楽しみなドラマがついに始まる。


普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば現場に急行。24時間で解決できない場合は捜査を引き継ぎ、継続捜査は行わない。そんな初動捜査のプロフェッショナルである「機動捜査隊」(通称:機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す一話完結の物語。


タイトル『MIU404』の“MIU”とは Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字。“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の二人を指すコールサインだ。


綾野剛が演じる「伊吹藍(いぶき・あい)」は、考える前に身体が動いてしまう“野生のバカ”。機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける。


一方、星野源が演じる志摩一未(しま・かずみ)は理性的な刑事。常に先回り思考で道理を見極める、観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない。


綾野と星野は『コウノドリ』以来、2年半ぶりの共演。ドラマの公式サイトに現場レポートが随時アップされているのだが、とにかく二人の仲の良さが伝わってくる。役写真の撮影で、綾野がヤンキーのようにしゃがむと星野も「いいかも」と一緒にしゃがんだり、撮影の合間に互いの写真をこっそりとって見せ合ったりする場面もあったとか。


そんな仲の良さとともに伝わるのが、芝居へのこだわりだ。綾野がいろいろなパターンを提案したり、アドリブでアクションを加え、星野もそれに続く。綾野が分からない部分を質問し、星野がそれに答える。実は、現場レポートは、4本しか出ていないのだが、少し読んでみるだけで、2人が刺激し合いながら、楽しんでこだわって作品を作っていることがうかがえる。そんな二人がどんなバディを見せてくれるのか。


大注目の第1話は…


警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが・・・というストーリー。


星野は脚本家の野木に、「いい人じゃない星野源が見たい!」と言われたそうだ。また、野木は作品について「しょうもないやりとりに笑いながら、少しの切なさと、少しの希望を持ち帰っていただければと思います。」とコメントしている。


もはや期待しかない。綾野の言葉を借りれば、「ワクワクが止まらないぜ!」

【画像】第1話場面写真(全27枚)


■金曜ドラマ『MIU404』

6月26日(金)スタート 毎週金曜よる10:00~10:54(初回15分拡大 よる10:00~11:09)

(C)TBS




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 27件)