ミュージカル『憂国のモリアーティ』6.29にテレビ初放送

TV 公開日:2020/06/25 6
この記事を
クリップ

CSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ」で、6月29日(月)21:00にミュージカル『憂国のモリアーティ』をテレビ初放送する。


7月31日より開幕する、シリーズ第2弾「ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞-」に先駆けて、作品の世界観を堪能できる。


時は19世紀末、 大英帝国最盛期(パクス・ブリタニカ)のロンドン――。古くから根付く完全階級制度により、上流階級の人間達に支配されている「大英帝国」。生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、必然的に人間同士の差別を生んだ。そんな中、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとする青年がいた。これはジェームズ・モリアーティ、或いはシャーロック・ホームズの 敵(かたき)の話――。


【画像】別カットを見る


STORY:

第一楽章「モリアーティの誕生」
ウィリアムとルイスの移り住んだ町ダラム。この地に住むある労働者夫婦、バートンとミシェルは、その地を代々治める横暴な領主のダブリン男爵に、深い怒りを抱いていた。彼らの依頼を受け、ウィリアムは“犯罪相談役”として動き出す…。


第二楽章「ノアの方舟」
豪華客船ノアティック号の処女航海。華々しい宴の裏で、エンダース伯爵による“人狩り”が行われようとしていた。地上にいる“悪魔”を地獄に落とすため、ウィリアム一行は船に乗り込む。アルバートが指揮するMI6による工作が順調に進む中、ウィリアムの前に唐突に現れた一人の男、シャーロック・ホームズ。宿命の2人がついに出会う…!


第三楽章「シャーロックホームズの研究」
ウィリアムはシャーロックこそが自身の仕立てる“犯罪劇”の主人公にふさわしいと、彼を審査オーディションすることに決める。ウィリアムたちの手引きで、ある貴族殺しの“殺人事件”の犯人としてロンドン市警に逮捕・投獄されたシャーロック。シャーロックは背後で糸を引く“何者か”を暴くべく、ジョン・H・ワトソンと共に捜査に乗り出す…。


CAST:ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ :鈴木勝吾 シャーロック・ホームズ :平野良
アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏 ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶 セバスチャン・モラン:井澤勇貴 フレッド・ポーロック:赤澤遼太郎
ジョン・H・ワトソン:鎌苅健太
ミス・ハドソン:七木奏音 ジョージ・レストレード:髙木俊
レニー・ダブリン男爵:山岸拓生 ジェファーソン・ホープ:山﨑雅志 ブリッツ・エンダース伯爵:小南光司


■放送情報
ミュージカル『憂国のモリアーティ』
放送日時:6月29日(月)21:00
チャンネル:日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ※視聴にはご契約が必要です

Ⓒ竹内良輔・三好 輝/集英社 Ⓒミュージカル『憂国のモリアーティ』プロジェクト

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)