『乃木坂46時間TV』上坂すみれ&小松未可子直伝 ダミヘ初体験「コショコショすんで♪」

TV 公開日:2020/06/21 12
この記事を
クリップ

「ABEMA(アベマ)」にて、6月21日夕方5時まで、46時間にわたって放送する特別番組『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』(以下、『乃木坂46時間TV』)で『声優と夜あそび』とのコラボ企画が放送された。

本コラボでは、乃木坂46のメンバーが『声優と夜あそび』で大人気のダミーヘッドマイクを使ったコーナーに挑戦。そこで、本職の声優にダミーヘッドマイクの使い方を学ぶべく、松村沙友理と田村真佑が、『声優と夜あそび』の水曜MCである小松未可子と上坂すみれを訪ねた様子のVTRが流れる。アニメが大好きな松村と田村は、憧れの声優との対面に緊張している様子。しかし、小松と上坂の「私たちでいいのかな?」「引き返すなら今ですよ!」という軽妙なトークで緊張もほぐれ、『声優と夜あそび』のスタジオに2人ずつ移動してダミーヘッドマイクのレッスンに移る。


まず、小松が松村へダミーヘッドマイクの使い方を伝授。「このダミーヘッドマイクに、男性も女性も囁いているんですよ」という小松に、松村さんは「役得ですね!私もダミーヘッドマイクになりたい!」と羨ましがる。小松にダミーヘッドマイクとの距離感について教えてもらい、「朝、寝ている兄を起こしに来る」シチュエーションでダミーヘッドマイクにセリフを囁いた松村。小松から「才能の塊~~~!」と大絶賛を受け、「人生で一番嬉しい!」と喜んだ。

続いて上坂と田村がスタジオに入り、ダミーヘッドマイクのレッスンを開始。田村は「放課後、周りには秘密で待ち合わせ」というシチュエーションで「ごめん、待った?今日、一緒にお出かけできるの、楽しみにしてたよ」というセリフを囁きます。本人は「照れちゃう!距離感が難しいです!」と自分には聞こえないダミーヘッドマイクならではの難しさを実感した様子だったが、上坂や、別室1で聴いていた小松と松村からは「よかったよ!」と喝采があがった。

VTRが終わると、いよいよ乃木坂メンバーが人生初のダミーヘッドマイクに挑戦。松村と田村から提示されるシチュエーションやセリフを、ひとりずつダミーヘッドマイクに囁いていく。トップバッターである4期生の早川聖来は、他のメンバーから「関西弁が聞きたい!」とリクエストを受け、「居眠りして言う隣の席の男子をそっと起こす」
というシチュエーションに挑戦。「寝てるの?」「私が横にいても気づかへんの?起きんかったら……コショコショすんで♪」と可愛い囁き声を披露。他のメンバーも、やや照れながら囁き声を披露していき、初めて耳元で聴くメンバーの声に「いい……」「可愛い!」「何かに目覚めそう……」と聞く側からも感動の声があがった。


ⒸAbemaTV,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)