『乃木坂46時間TV』ファンも知らないマル秘エピソードが続々

TV 公開日:2020/06/20 16
この記事を
クリップ

「ABEMA(アベマ)」にて、6月19日夜7時から6月21日(日)夕方5時まで、46時間にわたって放送する特別番組『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』(以下、『乃木坂46時間TV』)。


合計視聴数が2日目の6月20日午前にして、1000万に到達したばかりの『乃木坂46時間TV』は、番組の前半戦折り返し地点となる17時を目前にして1500万視聴を突破。「ABEMA」で2020年に放送された番組の視聴数としては1位となる、最高記録を更新した。さらに、昨夜の生放送開始から2日目の17時時点までで“30個”を超える番組関連ワードがTwitterの日本トレンド入りを果たしており、文字通り「はなれてたって、ぼくらはいっしょ」な一体感が感じられるメンバーと視聴者の見事な連携プレーが盛り上がりを見せている。


今晩の19時30分ごろからは、今回が初めての実施となる、期別に分かれて1つのコーナーを作り上げる『1期2期3期4期・期別冠番組コーナー』のうち、1期生9名が「9年目の同期会」と銘打ち、初めてお酒を飲みながら開催する“ほろ酔い同期会”と、2期生8名が、「生で修学旅行の夜」と題して、生放送中に“修学旅行の夜”を擬似体験する企画が立て続けに放送。さらに、22時20分ごろからは声優と夜あそび』との特別コラボレーション企画や、23時ごろからは任天堂のゲーム『あつまれ どうぶつの森』をメンバーが生でプレイする企画など注目のコーナーの数々が控えている。


“フィナーレ”を飾る歌や踊りのパフォーマンスを生披露の『はなれてたって、ぼくらはいっしょ!スペシャルライブ』まで、後半戦もフルスピード、ノンストップで駆け抜けるメンバーの勇姿を、ぜひお見逃しなく。


2日目のお昼の放送では、累計視聴数1.5億を突破するABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミ』シリーズをモチーフとしたコーナー「オオカミちゃんは食べられない」を実施。豪華ランチを懸けて、乃木坂46メンバーが視聴者と“嘘エピソード見破りバトル”で対決を行った。


このバトルは、メンバーなら必ず知っているエピソードのタイトルが画面に表示され、それに対してメンバーがトークを展開する、というもの。4つのエピソードの内、ひとつだけが嘘エピソードになっており、視聴者に嘘エピソードがバレなければ、見事視聴者を“騙せた”ということで豪華ランチを食べることができる。


まず1期生からチャレンジがスタート!MCの梅澤美波と山下美月(共に3期生)から、「1期生の中で嘘をつくのがうまい人は誰ですか?」と尋ねられると、乃木坂46キャプテンの秋元は「まつ(松村沙友理)が人狼ゲームが上手だった」と話すと、松村は「わたし、嘘なんて生涯で一度もついたことなぁ~い♡」と返し、笑いを誘った。


1期生のエピソードタイトルは「高山一実、石持って踊るの?事件」「和田まあや、入国拒否?事件」「秋元真夏、大量紙吹雪事件」「生田絵梨花、鼻の頭に生クリーム事件」の4つ。4つのエピソードを聞き終わった視聴者は、投票で嘘エピソードを選択するのだが、なんと60%超が「秋元真夏、大量紙吹雪事件」を選択。あまりの投票数の多さに、さっそく豪華ランチはおあずけかとハラハラさせたのもつかの間、「秋元真夏、大量紙吹雪事件」が本当のエピソードだということが発表されると、1期生は歓喜の声を上げた。


「秋元真夏、大量紙吹雪事件」というのは、CM撮影の際に秋元の頭の上にだけ紙吹雪がどっさりのってしまった、というもの。秋元が「思った以上に降るなと思って・・・(笑)ひとりだけ山みたいに(紙吹雪が)のってて。いつも頭大きいって言われてたけど、まさかこんなところでそれを実感するとは思わなくて。自分でもすごいびっくりしちゃった!」と当時を振り返ると、実際の映像も披露された。たしかに秋元の頭上にだけ紙吹雪がたくさんのっかっており、それを見たMC陣も「こんなにのることあります!?」と驚きの表情を浮かべた。


その後2期生、3期生、4期生も続々とエピソードトークを展開。レッスン中の話やMV撮影の話など、ここで初めて語られるエピソードが数多く披露され、なんと全員が嘘エピソードを見破られずランチ獲得に成功。話す順番や話すメンバーを決めるなど事前に打ち立てた戦略でチームワークを見せた乃木坂46メンバーに、視聴者からも「これは騙された・・・!」「知らないエピソードたくさんあった」「チームワークすごい」などコメントが続々と寄せられた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)