生田絵梨花の“同化してるぜ!”で『乃木坂46時間TV』スタート、齋藤飛鳥感涙の理由は?

TV 公開日:2020/06/20 9
この記事を
クリップ

「ABEMA(アベマ)」にて、6月19日夜7時から6月21日(日)夕方5時まで、46時間にわたって放送する特別番組『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』の放送が始まった。


番組冒頭では、一見無人に見えるスタジオが映しだされ、視聴者からは「え?」「放送事故?」と心配する声が上がるも、程なくして1期生の生田絵梨花がスタジオのセットに擬態し、“同化”していたことが判明。青いバルーンで覆われたセットから飛び出してきた生田の「今から46時間も見続けようとしてるなんて!“どうか”してるぜ!」という言葉とともに、46時間にも及ぶ生放送が華々しく幕を開けた。


まさかの演出で始まったオープニングに、視聴者からは「同化してるぜ!」「いくちゃん裏切らないなぁ。センスある」「いくちゃんのやりきり具合最高」と、歓喜の声が上がった。さらに、番組開始からわずか30分にして100万視聴を記録。また、初めての『乃木坂46時間TV』にして、1期生の高山一実と共に初めて生放送でのMCに挑戦する4期生の賀喜遥香が、オープニングトーク中に“「Twitter」でトレンド入りさせたい言葉”として挙げた「#乃木坂愛してる」が即座に日本のTwitterトレンドで1位を獲得するなど、ロケットスタートを切った。


番組では、今の想いや伝えたいことをメッセージボードに書いて撮影した10秒以内の動画を視聴者から募集する「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!プロジェクト」を実施。このプロジェクトに賛同するアスリートとして、東京オリンピック日本代表の平野美宇選手がリモートにて生出演した。


昨年グループを卒業したメンバーの西野七瀬が“推しメン”だったという平野選手は、高山一実に「今の推しメンは誰ですか?」と尋ねられると、「『I See...』の賀喜(遥香)さんが可愛すぎて、もう何回も観ました」と、現在は“賀喜遥香推し”であることを告白。突然名前が挙げられた賀んは、「ありがとうございます!…どうしましょう、動揺がすごいです」と驚きの表情を浮かべた。その後、平野選手は「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!プロジェクト」へ寄せるメッセージとして「コロナに打ち勝って東京オリンピックまでに強くなります」という意気込みを公開。平野選手の力強い言葉に、高山は「すごくグっときました。益々強くなる美宇ちゃんをすごく楽しみにしています!私たちもまたライブが開催できるようになったら、美宇ちゃんに見ていただけるように頑張ろうと思いますので、お互い頑張りましょう!」と声をかけると、平野選手も「はい!金メダルを持ってライブに行けるように頑張ります!」と満面の笑みで応じた。

 

また、40人のメンバーがそれぞれ自分のやりたいことを1人10分ほどのソロ企画として実現する『乃木坂46時間TV』恒例の人気コーナー「乃木坂電視台」では、1期生の齋藤飛鳥が『とにかく明るい齋藤飛鳥!』と題した企画の中で、番組公式グッズを紹介する「アスミカの46時間テレビショッピング」に挑戦。VTRからスタートした齋藤の企画では、冒頭「最近『明るくなったんじゃない?』『人間になってきたね』って言われることが増えたので。これは良い機会だと思い、もうとことん明るく、ポジティブに生きてみようと思いまして」と明かした齋藤。そこで、今回は齋藤がずっと会いたかったという憧れのモデル・アンミカに明るさの秘訣を学ぶべく対談を実施。そこで、前向きになるコツや友達の大切さなどをアンミカから学んだ齋藤は、「この回を設けてもらったのは、私がアンミカさんとお友だちになりたくて」と、対談のきっかけともなった自身の想いを告白。そんな齋藤に、アンミカは「ぜひホームパーティーに来て」「私でよかったら」と快諾し、斎藤は嬉しさのあまり大粒の涙を流した。その様子に、アンミカは「めっちゃ嬉しいやん。こんなピュアピュアな...なんかもう失ったものが全部詰まってる感じよ、齋藤飛鳥ちゃんは(笑)」と語り、笑いを誘った。その後、アンミカから“テレビショッピング”の手ほどきを受けた齋藤は、アンミカさん風の衣装に身を包み“アスミカ”としてスタジオに登場。とびっきりの明るい笑顔で、なめらかな話術と手さばきでアンミカ直伝の「アスミカの46時間テレビショッピング」を披露し、メンバーを驚かせた。


ⒸAbemaTV,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)