『美食探偵』中村倫也“明智”に小芝風花“苺”が絶叫告白、衝撃の展開へ

TV 公開日:2020/06/21 42
この記事を
クリップ

運命を共にするのは、苺かマリアか!?


中村倫也が主演を務めるドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系・毎週日曜よる10時30分~)はいよいよ佳境。第8話では苺(小芝風花)が明智(中村倫也)についに思いを伝える。


本作は東村アキコ氏の初サスペンス漫画が原作で、私立探偵・明智五郎(中村倫也)が、類まれなグルメの知識を使って殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。弁当屋の苺(小芝風花)は、明智の助手として事件に巻き込まれながら、明智に恋心を抱くようになる。


5月17日放送の第6話のクライマックスでは、苺(小芝風花)の目の前で、マリアが自分の命を顧みず炎の中から明智を救出。揺るぎないマリアの明智への愛を前に自分の気持ちに自信を持てなくなる苺。「あの人には、かなわないって思い知りました」と明智に気持ちを打ち明ける苺に、「君には、君にしかない存在理由がある」「美味しい料理を作れる人間には、常に側にいてほしい」と返した明智。


さらに、6月14日(日)放送の第7話では、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつ、友人・ココ(武田玲奈)のストーカー被害について明智に依頼する苺。そんな苺を、明智は“僕の大切な料理人”と呼び、どぎまぎさせた。


マリアからは「いつかあなたを明智五郎の目の前で、殺す。それが嫌なら、彼と私の前から消えて」と、恐ろしい忠告を受けている苺だが、21日(日)放送の第8話では、ついに、苺が明智に「あなたのことが好きなんです!」と思いを告げる。


マリア(小池栄子)から、次は苺を殺すと告げられた明智は、苺を守るため、「事務所で一緒に暮らさないか」と提案。しかし、苺の身にはマリアの黒い影が近づいていた…!


マリア・ファミリーに捕らわれた苺を守るため駆けつけた明智に、苺はついに「あなたのことが好きなんです!」と想いをぶつける。はたして明智が運命を共にするのは、苺かマリアか!?衝撃の展開が待ち受ける第8話に期待しよう。

【画像】第8話別カットを見る


▼【コラム】第8話前にこちらも


■『美食探偵 明智五郎』

日本テレビ系 毎週日曜22:30~23:25)
(最終話 28日 22:00~23:25(30分拡大SP)

原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)
Ⓒ東村アキコ/集英社


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)