水上京香&赤楚衛二の抱き合うシーンに、吉川晃司「照れちゃうじゃないか(笑)」

TV 公開日:2020/06/23 10
この記事を
クリップ

カンテレ・フジテレビ系の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(毎週火曜よる9時)。吉川晃司演じる主人公・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディ―を組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。

6月23日(火)に放送される第2話「憑かれた女」には、女優の水上京香がゲスト出演する。水上が演じるのは、京都祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・吉岡エマ。えたいの知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、恐怖で心をむしばまれたエマは、何かにとりつかれたように、意味不明な言動を繰り返していた。「天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚を見る」と嘆き、同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)の死体を見たと錯乱するエマを、店の常連で、恋人でもある五月翔太(赤楚衛二)は心配し、その窮地から救おうとするが…やがて五月もエマも恐ろしい殺人事件に巻き込まれていく。


数々の映画やドラマに出演し、スポーツ情報番組のお天気キャスター経験もある若手女優の水上。そんな彼女が、今回の作品や役どころ、主演の吉川晃司の印象について語った。


<水上京香インタビュー>

――ドラマの企画・台本を読まれた時の感想をお教えください。

2話は、ホラー要素が強いです。演じるエマは、ずっと叫んでいます(笑)。夏に放送されるので、夏にぴったりな、ちょっとヒヤッとしてもらえるような作品になっているんじゃないかなと思います。

――演じられるエマはどんな人物だと思われますか?

何かに依存しやすい、寄りかかりやすい、結構弱い人間のような気がします。そこをベースに、誰に頼ってしまうんだろう、どう頼ってしまうんだろうという部分を考えながら、こういう人物かなと作っていきました。その拠り所が、五月(赤楚英二)なんですけど、頼りすぎてあまりよくないんじゃないかなと思ってしまうくらいの描写があって、エマは、『誰かに頼っていかないと生きていけない』…そんな人間だなと思います。

――そんな役を演じてみていかがでしたか?

とにかく喜怒哀楽、起伏が激しくて。毎日テンションの上がり下がりが大きかったです。ケロっと元気に叫んだり、泣けたりする日もあれば、かなり体力を使っても、思うように身体が持ち上がってくれなかったりする日もあったりして…ドラマタイトルの『憑かれた女』にあるように、どこか乗っ取られているような感覚がありました。コントロールしきれていないのかもしれませんが、自分自身ですら掴み切れない日もありました。

――確かに、全5話の中でも一番叫ばれている役かと思います。

そうですね。叫びっぱなしで(笑)。のどが痛くなったりとか、アレおかしいなと思ったことも多々ありました。今まで叫んだり喚いたりした役はありますが、その中でも頭に酸素が回り切らない感じがして、本当に苦しいなと思いました。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)