ムロツヨシ、とにかくしつこく「今日は何の日?」6月21日に“親バカ”投稿

TV 公開日:2020/06/20 7
この記事を
クリップ

2020年8月にスタート予定の新日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)で、ムロツヨシ演じるガタローが、6月21日に愛する娘へのメッセージを投稿する。


ドラマ『親バカ青春白書』は、『今日から俺は!!』チームの最新作で、笑いのヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。ムロツヨシはGP帯連続ドラマでは今回が初主演。娘が大好きすぎるあまり、なんと、娘と同じ大学の同級生になってしまう父親を演じる。ムロツヨシの大事な娘役には、『半分、青い。』、『3年A組』以来、久々のドラマ出演となる永野芽郁。そして永野芽郁演じるさくらの恋人候補には、中川大志の出演が発表されている。


このたび、ムロツヨシ演じるガタローが「6月21日は、何の日ですか?」という問いかけを、明日の『親バカ青春白書』公式ツイッターや公式インスタグラムで投稿することが明らかとなった。ムロツヨシ演じるガタローにとって、この日は「1年で一番大切な日」であるとのこと。「6月21日」はいったい何の日かお分かりだろうか?そう、「父の日」である。

この日は、常日頃、娘を愛してやまないシングル・ファーザーのガタローにとって、娘からの気持ちを感じることができるかもしれない、数少ない記念日のひとつ。そこで、ガタローは何としてでも、娘・さくらに、「父の日」であることに気づいてほしい作戦に打って出る。たとえば、「こっ〇、あっ〇、文字をつなげて出来る日は?」などと、数々の出題が繰り広げられる予定となっている。

お父さんにとって、ちょっと歯がゆくて楽しみな1日でもある「父の日」。ガタローは娘からのリアクションを求めて色々なアクションを起こす。皆さんも、なかなか日ごろ感謝を伝えられないお父さんに感謝を伝えてみてはいかがだろうか。少なくともガタローは、全力で娘からのリアクションを待っている。

そんな親バカっぷりが炸裂する『親バカ青春白書』は、8月スタート予定。


<第1話あらすじ>

最愛の妻を亡くし、男手一つで娘を育て上げた売れない小説家・小比賀太郎(通称:ガタロー)(ムロツヨシ)は、ド天然の愛娘・さくら(永野芽郁)のことが大好きすぎる筋金入りの親バカ。女子高育ちのさくらが共学大学に通うことを心配するあまり、同級生として同じ大学に入学することに!陰に日向に娘を守りながら、新たな仲間たちと共に意外に楽しい二度目の大学生活を満喫するガタローだが、さくらの身に史上最大の危険が迫っていた……!


■日本テレビ系 新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』

2020年8月スタート予定 日曜よる10時30分放送予定
出演:ムロツヨシ 永野芽郁 中川大志 ほか        


(C)日本テレビ


▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)