『M 愛すべき人がいて』放送再開、アユのライバルユニット“AXELS”が話題

TV 公開日:2020/06/19 41
この記事を
クリップ

コロナ禍で撮影が一時中断し、先月から放送が延期されていた、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ「M 愛すべき人がいて」の4話が放送されると、すぐさまトレンドランキング入りするなど歓喜の声が上がるとともに、ドラマ内に出演するユニット「AXELS」(アクセルズ)の楽曲が話題になっている。

「AXELS」は、アユ&マサと反目する社長の大浜が、アユに対抗するために送り込んだ、女優の久保田紗友(玉木理沙役)、傳彩夏(西谷真理役)らが演ずるドラマ内のライバルユニット。わざわざデビュー日をアユと同じにしたり、プロモーションの邪魔をするなど、執拗な妨害を続ける。


SNSでは「AXELSが歌っていた曲、いい!」「AXELSのパフォーマンス、キター!」「(AXELSを)爆売れさせて欲しい」など、歌唱された楽曲をシンプルに評価する声が多数あがっているが実はこの楽曲はドラマのために書き下ろされた「City Light Wings」という楽曲。

このドラマの2枚組サウンドトラックの、“ドラマ内の架空のレコード会社「A VICTORY」のサンプルCDが存在したら”というコンセプトで編集された、DISC-2に収録されている。


なお、このサウンドトラックには、浜崎あゆみの主題歌「M」や、挿入歌「CAN'T STOP THIS!!」をはじめ、姫野礼香のテーマなど劇中の印象的なシーンを演出する様々な楽曲や、「USG」、「OTF」、冴木真希といった架空のアーティストの楽曲、マサがデモテープを聴くシーンのために、90年代当時の音楽シーンをイメージして実際に書き下ろされた5曲のデモ音源も収録。


さらに初回限定で、アユ(安斉かれん)マサ(三浦翔平)、流川翔(白濱亜嵐)、姫野礼香(田中みな実)による40Pの豪華写真集が付属するという、ドラマサウントラックの枠を超えた規格外の作品。ドラマファンには必携の1枚となっている。


【Music Info】

テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ「M 愛すべき人がいて」

Sound Collection+A VICTORY Special Sampler

(初回限定 / 40ページCDジャケットサイズの写真集付き)

2020年5月27日発売

AVCD-96527~8   \3,300(税込)


[DISC-1 ドラマサウンドトラック]

1. M  愛すべき人がいて~メイン・テーマ

2.予感 

3.True Love Story

4.俺を信じろ

5.マサとアユ

6.会いたいよ

7.輝楽天明

8.ベルファインのVIPルーム

9.PERFECT LIFE

10.「です」

11.姫野礼香のテーマ

12.眼帯

13.ゆるさない

14. NYのレッスン生活 

15.ミリオン歌手へ

16.ルーレット

17.永遠の愛

18.瞳を閉じて

19. You’re My Everything

20.逆走

21.戻れない二人

22.Forever 

23.M /浜崎あゆみ (ドラマ主題歌)

24.CAN'T STOP THIS!! / REVIVE 'EM ALL 2020(REVIVE 'EM ALL 2020(Beverly / FAKY / FEMM / lol -エルオーエル- / Yup'in / 安斉かれん)(ドラマ挿入歌)


[DISC-2 A VICTORY Special Sampler]

1.EZ DO DANCE / USG(1cho)

2.出逢った頃のように / OTF(1cho)

3.夢見る少女じゃいられない / 冴木真希(1cho)

4.City Light Wings / Axels

5.CAN’T UNDO THIS!! / MAXIMIZOR

6. our night, our light... (Demo)

7. Portrait (Demo) 

8. 最後のリスタート (Demo) 

9. grace (Demo) 

10. SEREAL (Demo)


   

※本記事は掲載時点の情報です。