安達祐実が金髪に!?リアルすぎる台詞の数々に驚き『捨ててよ、安達さん。』

TV 公開日:2020/06/12 4
この記事を
クリップ

女優の安達祐実が主演を務めるドラマ『捨ててよ、安達さん。』(毎週金曜深夜0時52分~、テレビ東京)の第9話が6月12日に放送される。


本ドラマは、安達祐実演じる“安達さん”が女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、様々な“捨てられないモノ” を捨てていくというストーリー。各話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観が展開される。



【写真】ほかの写真をみる(全5枚)


第9話の安達さんは、朝から家事分担ができない夫とのやり取りでイライラ・・・。その日、安達さんはドラマの取材で北村匠海と一緒にインタビューを受ける。その仕事からの帰り道、失恋をきっかけに金髪になった西村マネージャー(西村晋弥)からドラマのために前髪を5mm切ってくれと言われてしまう。


その日、眠りについた安達さん。イライラが募るあまり夢の中に登場する謎の少女(川上凛子)に夫やマネージャーから言われたことを愚痴り始める。そんな安達さん、なんと夢の中では金髪ロングヘア―姿になって登場する。謎の少女は「いいんだよ、夢の中は自由なんだから」と声をかける。役のために自由に髪型を変えられない安達さんは、金髪姿に大喜び。そんな時、安達さんの家に来訪者が…。



これまでのストーリーでは、小説、輪ゴムとビニール袋、元夫から貰った婚約指輪など具体的な“捨てられないモノ”であったが、今回はいつもと少し様子が異なり、娘の姿をした少女(新井美羽)が登場する。一体この少女の正体は…!?そして極めつけは北村匠海の姿をした人物も訪ねてきて…!?


今回のみどころは、安達さんと娘の姿をした少女との台詞の応酬の数々。安達さんが仕事のこと、家族のことを赤裸々に語りかける。その台詞のリアルさに思わず「これは本心なんじゃないか」と驚きさえ抱く。そしてシリアスになりそうな場面に、颯爽と登場する北村匠海のコミカルな演技にもクスりとさせられてしまう。


『捨ててよ、安達さん』第9話は6月12日(金)深夜0時52分~、テレビ東京にて放送。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)