『中学聖日記』全話の名シーンが特別編集されたダイジェストムービー再公開

TV 公開日:2020/06/11 34
この記事を
クリップ

有村架純が主演したTBS系連続ドラマ『中学聖日記』と主題歌Uru『プロローグ』のスペシャルダイジェストムービーがTBS公式YouTubeチャンネルで再公開された。

本ドラマは女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田健史)に心惹かれていく教師・末永聖(有村架純)の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリー。

5月25日から6月10日までの11日間にわたって『中学聖日記 特別編』として放送され、一部地域を除く深夜帯でのオンエアながらTwitterトレンド入りを度々果たすなど、ふたたび話題を呼ぶ中で最終回を本日迎えたことを受け、ドラマの第1話から11話まで全話の名シーンが特別編集されたスペシャルダイジェストムービーが再公開された。


“イントロが流れるだけで涙を誘う”と視聴者から反響を呼んだ『プロローグ』と、オンエア時“今年一番エモいドラマ”と称された『中学聖日記』のコラボレーションをお見逃しなく。

現在、ドラマのスピンオフムービー『聖ちゃんと会う前の僕たち』も特別編のオンエアにあわせて再公開されている。晶をはじめとする中学生4人組が聖と出会う前の日常を描いたドラマ本編では描かれない青春を切り取った内容で、映画監督の松本花奈が映像を手掛けているのであわせてチェックを。

『プロローグ』も収録されたUruのニューアルバム『オリオンブルー』は発売から約3ヶ月が経った今もオリコンデイリーチャートでTOP10に入るなど好調にロングセールスを続けている。6月15日のデビュー記念日には、ファーストアルバム『モノクローム』の初回限定カバー盤のアンコールプレスも決定しており、Uruへの熱い注目はまだまだとどまる事を知らない。


©TBS



▼『中学聖日記』過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)