横浜流星、浜辺美波は「さじ加減が絶妙」 和装2ショット初披露

TV 公開日:2020/06/10 35
この記事を
クリップ

この夏放送の日本テレビ水曜ドラマ『私たちはどうかしている』より、W主演を務める浜辺美波、横浜流星の「和装ツーショット」ビジュアルが初公開された。

原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ著、既刊12巻)。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語だ。

爽やかな萌黄色の地に、白や薄紅色の花をあしらった着物に身を包んだ浜辺と、紺の着物と羽織をまとった横浜。物語の中で和菓子に情熱を傾ける七桜と椿が目の前に現れたようで、撮影現場は華やかな空気に包まれた。今回は二人の写真を合成して仕上げることになり、撮影には一人ずつ臨んだ。


【画像】2ショット別カットも見る

和装について感想を聞かれた浜辺は「きれいな着物が多くて楽しいです。姿勢や重心のかけ方で見え方が違うので、ひとつひとつ学んでいるところです」。横浜は「背筋も伸びるし、椿を演じるスイッチにもなっています」と笑顔で語った。

互いの印象は「横浜さんは笑わないイメージがあって、怖いのかなと思ったら、そんなことなくて。意外と不器用なところもあって、でも頼れるお兄さんです!」(浜辺)、「浜辺さんはおちゃめさもあり、でもしっかり自分を持っていて。そのさじ加減が絶妙で、七桜にピッタリだなと」(横浜)。ドラマを心待ちにしている方々には「ドキドキ、ハラハラ、切なくさせる、胸が騒がしくなるようなドラマにできたらと思います」(浜辺)、「和菓子や着物の美しい世界観の中で、ミステリアスなドロドロした愛憎劇もあります。全力を尽くしますので、ぜひご期待ください」(横浜)と語った。

ドラマの撮影は6月から再開したが、3月には物語の舞台となる石川県金沢市での撮影が行われた。二人の関係が急接近するシーンの直後に撮影されたオフショットも公開。金沢の町並みを背景にたたずむ七桜と椿。ドラマの見どころの一つである、日本文化の美しさを感じさせる一枚になっている。老舗和菓子屋を舞台にした、次回が気になりすぎるラブミステリー。この夏の放送をお楽しみに。


■日本テレビ『私たちはどうかしている』

2020年 夏 水曜ドラマ(水曜22時)
出演:浜辺美波 横浜流星 高杉真宙 岸井ゆきの 和田聰宏 岡部たかし 前原滉 草野大成 / 山崎育三郎 須藤理彩 / 中村ゆり 鈴木伸之 / 佐野史郎 ※さらにキャスト発表の予定あり


(C)日本テレビ


『私たちはどうかしている』過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)