『大恋愛』戸田恵梨香&ムロツヨシにほっこり&涙腺崩壊、究極の「代表作」再び

TV 公開日:2020/06/05 13
この記事を
クリップ

「戸田恵梨香がかわいい!」「ムロツヨシがイケメンすぎる!」。「本当に付き合っているのでは?」と思わせるほど自然でユーモアたっぷりの掛け合いと、困難を乗り越えていく二人に何度も涙させられる、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』。


本作はTBSで2018年10月期に放送。数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静が描く完全オリジナルドラマで、若年性アルツハイマーにおかされる女医・北澤尚(戸田恵梨香)と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家・間宮真司(ムロツヨシ)の10年にわたる愛の奇跡を描いた王道の純愛ラブストーリーだ。


ムロツヨシは、このドラマが本格ラブストーリー初出演にして、キスシーンも初。「実は正直不安でした。恋愛ドラマなんてムロツヨシができるわけないと思ってました。」というムロの心配をよそに、毎話印象的な名シーンを作り上げ、「泣ける」「涙腺崩壊」などとドラマは大反響。そしてクランクアップ時には、戸田もムロも「代表作の一つに」と口にするほどの大きな作品となった。


4月期新ドラマの放送が延期となっている影響を受け、6月5日(金)よる10時から『大恋愛~僕を忘れる君と 特別編』(TBS)が放送される。


若年性アルツハイマーという重い内容を扱ってはいるのだが、戸田とムロの息ぴったりの見事な掛け合い(いちゃいちゃぶり)は楽しく、2人の豊かな演技力に引き付けられる。


また、その周りにいる人物たちの温かさにほっこり。引っ越しトリオの木村さん(富澤たけし(サンドウィッチマン))や小川くん(杉野遥亮)。


居酒屋の店長・山ちゃん(永野宗典)と店員・ちはる(岸明日香)など、ちょっとしたシーンもドラマではふっと心を軽くしてくれる。


また予想外の展開も。


尚の元婚約者・侑市(松岡昌宏)と尚の母(草刈民代)の関係や、小池徹平の怪演ぶりが話題となった松尾の存在など、二人を取り巻く人物たちからも目が離せない。


戸田はクランクアップ時、「究極を知ってしまったんじゃないか」「これからこれを超える作品に出会えるのかすごく心配」とコメントしている。今回は未公開カット・シーンを含めた特別編。究極の恋愛ドラマをお見逃しなく。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)