『麒麟がくる』風間俊介、桶狭間の戦いを振り返る「その場で感じたのはシンプルな怒り」

TV 公開日:2020/06/07 6
この記事を
クリップ

現在NHKにて放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』。6月7日放送の第21回では、桶狭間の戦いが描かれた。

本日放送されたシーンについて、松平元康役の風間俊介に語ってもらった。



<松平元康役・風間俊介 コメント>

――大高城に入った元康軍に、今川の家臣・鵜殿から、即刻、鳴海城への出陣命令。そして舌の根も乾かぬうちに今度は桶狭間への出陣を迫られ、「本日はここを一歩も動きませぬ!」と言い切る元康。このシーンでは、 元康の心情をどのような思いで演じられましたか?

どのような感情なのか、色々と考えながら現場に向かったのですが、その場で感じたのはシンプルな怒りでした。それは、三河を、そして、自分を軽んじられている事に対してなど紐解けば色々あるのでしょうが、ただただ腹立たしかったので、そのまま演じさせていただきました。 晩年の家康ではそのような対応はしないでしょうが、若さ故なのだと思います。




――この「桶狭間の戦い」を経て、元康にとって「信長」はどんな存在になったと思われますか?

主君を討った敵であるのと同時に、母との再会を叶え、三河を我が元に戻すきっかけを与えてくれた。幼き頃に慕っていたこともあり、一筋縄ではいかない思いですよね。 尊敬と畏怖、憎しみと親しみ、全てが 混ざった禍々しい存在になったと思います。


(C)NHK

※本記事は掲載時点の情報です。