安達祐実「釣り合う女になりたかった」元彼との思い出の詰まった靴を捨てる?

TV 公開日:2020/06/05 8
この記事を
クリップ

女優の安達祐実が主演を務めるドラマ『捨ててよ、安達さん。』(毎週金曜深夜0時52分~、テレビ東京)の第8話が6月5日に放送される。

本ドラマは、安達祐実演じる“安達さん”が女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、様々な“捨てられないモノ” を捨てていくというストーリー。各話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観が展開される。



【画像】ほかの写真をみる


第8話で登場する擬人化した“捨てられないモノ”は、かつて安達さんが元彼と釣り合う女になりたいと無理して買った“ヒールも値段も少し高い靴”(早織)だった。ずっと履かれることはなく、靴箱にしまわれっぱなしだった靴は、かつてないほどに卑屈な様子で「捨ててください」と安達さんに頼み込むのであった。



第8話のみどころは、安達さんが靴を通じて元彼との交際当時を思い出す場面。華やかな装いで靴を履き、夜の街を歩く安達さんが登場するのだが、その姿が凛としていて、いつもドラマで普段着として着ているビッグサイズの服装との対比も相まって、より一層安達さんが魅力的に感じられる。そんな安達さんが涙ながらに語る、靴に纏わるエピソードと、“素敵な人だった”という元彼とのエピソードにグッと引き込まれてしまう。


元彼との思い出が詰まる靴に対し、安達さんはどんな決断を下すのだろうか?『捨ててよ、安達さん。』第8話は6月5日(金)深夜0時52分~、テレビ東京にて。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)