藤井流星&神山智洋『正しいロックバンドの作り方』オギノの自宅で歌詞を作り始めるが…

TV 公開日:2020/06/01 7
この記事を
クリップ

日本テレビ系で絶賛放送中のドラマ『正しいロックバンドの作り方』(毎週月曜深夜24:59~)は、不器用だけどまっすぐなバンド“悲しみの向こう側”のメンバー4人が、日本最大級の音楽フェス「電撃ロックFes」出場を目指す青春ストーリー。


バンドメンバーはボーカル兼ギターのリーダー、シズマ(藤井流星)とシズマの弟でドラムのテツ(神山智洋)、ベースのオギノ(栗原類)、パーカッションのコバ(吉田健悟)。



6月1日放送の第7話では、「電撃ロックFes」二次審査のお題に向けて、「朝焼け」をテーマに曲を作ることになった“悲しみの向こう側”メンバーの4人。

歌詞作りにかけられる時間はたった1日……。「朝焼けが一望できる場所に行かなきゃ」と我儘を言う作詞担当のシズマをメンバーが連れて行ったのは、オギノの自宅だった。畑の中にポツンと佇むアパートに着いた一行。早速、作詞に入ると思いきや!4人はいつの間にか気を失い、目を覚ますとまる1日が経過していた…。いよいよ急がなければいけない状況だが、「歌詞の神様が降臨しない」と、アロマを炊いたり、シャワーを浴びたりと、やりたい放題のシズマ。果たして無事に歌詞は完成するのか・・・?というストーリー。



ハプニングあり、笑いありの第7話。そんな7話のみどころはバンドメンバーたちがシズマの歌詞作りのセンスに絶大の信頼を寄せており、それをサポートすべく盛り上げ支えるところであろう。ちょっとおバカですぐ感情的になるが歌詞センスは抜群のシズマ。そんなシズマに冷静で適格なツッコミを入れるテツ、どんな時でもポジティブでその場の雰囲気を盛り上げるムードメーカーのコバ、そしてどんな時でもマイペースだが、ポツりと的を射たコメントをするオギノ。

とにかく4人のバランス感が見事なことがあらためて感じられた第7話。7話で陥ったバンド最大のピンチ(!?)の時にオギノがつぶやいた言葉にぐっとさせられるのではないだろうか。


『正しいロックバンドの作り方』第7話は6月1日(月)深夜24:59~、日本テレビ系。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)