北村匠海(DISH//)、Mステに出演決定、あいみょん作『猫』地上波初披露

TV 公開日:2020/05/29 14
この記事を
クリップ

『猫~THE FIRST TAKE Ver.~』が大ヒット配信中のDISH//より、ボーカル&ギターの北村匠海が、6月5日(金)に放送される『ミュージックステーション』(テレビ朝日系 21:00~21:48)に出演する事が決定した。

北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(cho/G)、橘柊生(DJ/Key)、泉大智(Dr)の4人で構成されたダンスロックバンドDISH//。一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて、2017年に自身がリリースした楽曲『猫』(あいみょん作詞作曲)をメンバーアレンジによるアコースティックver.で披露した動画が、3月20日公開から二か月あまりで1,500万回再生を突破。

4月29日に配信された『猫 ~THE FIRST TAKE Ver.~』はリリースとともに「何度聴いても泣ける」と話題となり、LINE MUSICにて5月6日付ウィークリーチャート1位を獲得したほか各配信サイトで上位に長期間ランクインし、配信開始から1か月が経った今もSNS上には楽曲『猫』を使った「歌ってみた動画」が日々数多くアップされるなど勢いとどまらず、トレンドとしてもこの楽曲が認知されロングヒットを記録している。

そんな最中、『ミュージックステーション』に「THE FIRST TAKE」で話題の北村匠海(DISH//)が出演することが決定。話題の『猫~THE FIRST TAKE Ver.~』をテレビ地上波初披露する。

2011年のバンド結成以来初となる『ミュージックステーション』での楽曲披露は、音楽シーンのみならず大きな注目を集める事になりそうだ。




◆楽曲『猫』について
2017年にリリースされたSG『僕たちがやりました』のカップリングとして収録されていた楽曲。ファンには「隠れた名曲」として人気で、DISH//楽曲の中でもサブスクリプションで一番再生されてきた。もう会うことのできない大切な人を“猫”に例えた切ないバラードナンバー。『猫』についてVo.&Gt.の北村匠海は以前インタビューで「ライブしてきた中で、一番歌っている最中に泣いた数が多い曲」と語っている。

◆作詞作曲のあいみょんも絶賛!『猫』は映画「キミスイ」からインスパイア!
『猫』はシンガーソングライター あいみょんが作詞作曲。あいみょん自身も『猫』をセルフカバーして自身のライブで披露するなど、DISH//ファンだけでなくあいみょんファンにも周知された曲となっている。なお以前DISH//とあいみょんの対談で、北村匠海から「『猫』は『キミスイ』(『君の膵臓をたべたい』2017年7月公開、北村匠海出演)にインスパイアされて書いてもらった曲」と紹介。「THE FIRST TAKE」公開時はあいみょんも自身のInstagramにて紹介しており、コメントを寄せている。


【あいみょんコメント(Instagramより引用)】
猫、私の大好きな曲!
いつも大切に歌ってくれてありがとう、曲作れてよかったと毎回思います。

■オンエア情報
テレビ朝日系『ミュージックステーション』
放送日時:2020年6月5日(金)夜21:00~21:48

■最新リリース情報

2020年4月29日配信
DISH//|ディッシュ
『猫 ~THE FIRST TAKE Ver.~』|『猫 ~ザ・ファースト・テイク・バージョン~』


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)