『エール』“大将”鉄男の一途な恋路に視聴者沸く 遂に“三羽ガラス”も始動

TV 公開日:2020/05/28 11
この記事を
クリップ

連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか ※土曜日は1週間の振り返り)は今週放送の第9週「東京恋物語」で、中村蒼演じる村野鉄男が久々の登場となり、待ちわびていた視聴者から歓喜の声があがるとともに、鉄男の儚く切ない恋物語に注目が集まっている。


今回ネットを沸かせたのは、正義感と男気あふれるキャラクターで人気を集めている、鉄男の恋である。27日の放送回では、かつての恋人・希穂子との幸せな回想シーンが流れ、恋する鉄男の姿に多くの反応が。そして、突然姿を消した希穂子を追い続け、東京で偶然の再会を果たすも、想いを受け入れてもらえず、裕一の家で大荒れする“大将”にも多くの反響があった。


頻繁に休暇を取って上京していた鉄男にはある目的が。それは福島の料亭で出会って付き合っていた、かつての恋人・希穂子(入山法子)の存在。鉄男に新聞社の社長令嬢との縁談が持ち上がったことを知ると、突然姿を消した希穂子だったが、東京にいるらしいと聞いて、鉄男はずっと捜していたのだった。希穂子が働くカフェーで偶然再会した鉄男は、「希穂子、なんで急にいなくなった?ちゃんと説明してぐれ」と姿を消した理由を尋ねるが、希穂子は冷たく追い返す。その後、裕一と音の家で話し合うも、話すことは何もない、と突き返されてしまう。


2人が出会った福島の料亭でのシーン、2人仲睦まじく並んで歩く幸せそうだった回想シーンに、「大将と希穂子さんが幸せになってほしいです」「鉄男が推しなので是非とも二人結ばれてほしい」「子供の頃から苦労してきたから幸せになって欲しいなぁ…」「お二人お似合いです…とほっこり」「美しい2人の物語をスピンオフでぜひ」とネットユーザーが湧いた。


一途な恋に一心な鉄男を演じた中村蒼は「鉄男と希穂子が福島で暮らしていたころの回想シーンはすごく幸せそうですよね。その後、2人が別れてしまったことを知りながら演じていたので、その分余計に切なくなりました」と当時の撮影の心境を振り返った。


さらに、希穂子の写真を眺めながら「彼女といっど、ねじぐれた気持ぢがすーっと消えて素直になれる。こんなこと初めてだ。福島に連れて帰りてぇ、希穂子と一緒になりてぇんだ」と涙を浮かべ静かに、だけど熱い想いを裕一に話す姿にも「いつも苦しい時裕一を支えてくれる大将。今度は裕一さんが助ける番だよ」「鉄男かわいい」「酔っぱらって弾ける中村蒼、いいな」「かっこわるい中村蒼もかっこいい」「今日の話は切なかった」「一途すぎでかわええ」「鉄男のキャラがまた魅力的になった」「鉄男が家族を養えるようにと言っていたのは希穂子さんのためだったんですね」「明日からの鉄男も激しく応援したい」「切ないなぁ…鉄男見てたら涙出そう」「希穂子さんに思いが通じるといいね」「鉄男、人間らしくてとてもいいなぁ」「大将頑張れ ! 」「大将と呼ばれていた男が、意外と異性には純情だったんだな」と、鉄男が持つ優しさと、いつもとは違い弱気な姿にも反響が相次いだ。


どんなに冷たくあしらわれても、それでも希穂子との復縁を望み、一途に追いかける鉄男だが、作詞にも新聞社の仕事にも友情にも熱い男は、やはり恋にも熱かった。あまりにも切ない、希穂子との恋物語に中村も「希穂子さんとのことは鉄男にとって、心にグシャグシャに突っ込まれていたものが整理されて、きれいに包装して物置にしまえたような感じかなと思います。鉄男の中でずっとモヤモヤしていたんでしょうね。それに決着をつけないと次に進めなかったと思うんです。それで彼女を探しに東京へ行って、そこでまた彼女の優しさを知って、大切な人を幸せにしてあげられない自分を悔やんで…。でも伝えるべきことは伝えるところは男らしいなと思いました。」とコメント。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)