志田未来の狂気の表情にゾクッ…闇深き『美食探偵』の奥深さ

TV 公開日:2020/05/26 10
この記事を
クリップ

切ないだけで終わればよかったんですけどね…


中村倫也が主演を務めるドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系・日曜よる10時30分~)は第6話まで放送したところで放送を中断、24日から特別編の放送が始まった。(特別編は3週にわたって放送)


特別編では、もともとHuluで各話本編終了後に配信されていた地上波未放送のオリジナルストーリーを放送。美食探偵・明智五郎が挑む事件の裏側を少しだけ覗き見ることが出来る「マル秘裏メニュー」として供されていたアナザーストーリーは、各話15分弱。第一弾はその2本立てで、そこに明智(中村倫也)のナビゲートや本編のダイジェストを加えながら、またしてもあっという間の1時間を作り上げた。


コロナウィルスの影響を受け急遽放送されることとなった“特別編”だったが、「裏側を細かく知れて面白い」「なんで本筋に入ってないんだって内容」「ドラマに深みが増す」と、視聴者の満足度は高かったようだ。なかでも、志田未来が迫真の演技で見せる茜の“闇深さ”は、視聴者に強烈な余韻を残したのではないだろうか。(以下、ネタバレあり)


冒頭は、「ものすごーーーーーい長い台詞」と注目された明智(中村倫也)によるナビゲートから。


黒バックで一人椅子に腰かけ「こんばんは、わたくし明智五郎と申します~」と視聴者に優しく語りかける。“長い台詞”とは感じないほど、すぅーっと美食探偵の世界へ誘い「VTRスタート」。Huluで既に観ていたという視聴者にも、新たに収録された明智のナビゲートは嬉しいもの。この状況下において工夫され作られたシーンに「感謝しかない」「スペシャル感あって嬉しい」と称賛の声が上がった。


オリジナルストーリー1本目は、明智の少年時代のエピソード。


可愛すぎる明智少年と祖父・五十六(坂本あきら)の微笑ましいやりとりにほっこり。しかし『美食探偵』らしく“叶わなかった約束”という切なさもしっかり含まれる。


「美味しいものは高いか安いかなんて関係ない。一流の料理人は自分の舌で見つけるんだ」と、街の精肉店のコロッケを食べさせた“じいじ”。その教えは、苺(小芝風花)が作るちくわの磯部揚げを「悪くない」(明智の最上の誉め言葉)と評す明智の言葉に反映されている。


磯部揚げを「あの日食べたコロッケみたいな優しい味」と感じた明智。背景を知ることで、ただ「美味しい」というだけではない「悪くない」の奥行きを感じることができる。



そして2本目は、殺人鬼マリア(小池栄子)の最初のファミリーとなった“林檎”こと茜(志田未来)の生い立ちに迫るエピソード。苺(小芝風花)のナレーションとともに本編のダイジェスト映像で事件の概要が伝えられていったが、すっとBGMがなくなった瞬間、一気に本編に引き込まれていく。


第2話本編では、「私のおじいちゃんが作った林檎の、私と同じ名前のりんごで作った、お母さんが教えてくれたジャムを…その女が食べてた」「愛してたから、殺した。」と、彼を殺害しようとした動機について話した茜(志田未来)。切ない涙に視聴者は「涙が止まらない」と感情移入したのだが、その奥には、視聴者も「怖すぎ」「闇が深い」とゾッとするエピソードが隠されていた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)