三浦翔平の静かなる怪演に注目、『奪い愛、冬』のここがスゴイ

TV 公開日:2020/05/23 13
この記事を
クリップ

話題のテレビ朝日系『土曜ナイトドラマ M 愛すべき人がいて』(毎週土曜よる11:15)の放送延期で“Mロス”に陥っている視聴者も多いだろう。そんな“ドM”に朗報だ。5月23日の同枠にて、2017年に話題となった鈴木おさむ脚本の連続ドラマ『奪い愛、冬』の第1話が「傑作選」として放送される。


同ドラマは、結婚間近のデザイナー・池内光(倉科カナ)の前に、かつて死ぬほど愛した元彼の森山信 (大谷亮平)が現れたことから波紋が広がっていく強烈な愛憎ドラマ。光のアシスタントで結婚を約束している恋人・奥川康太 を三浦翔平、信を独占するかのように愛する妻・森山蘭 を水野美紀、というMでも話題を博した2人が出演している。






王道の略奪愛モノかと思いきや、そこは『M』を一筋縄ではいかないシンデレラストーリーに仕立て上げた鈴木おさむ脚本。光と康太の仲を引き裂こうと暗躍する同僚の豊野秀子(秋元才加)や、光を排除しようとする康太の母親・奥川美佐(榊原郁恵)などの強烈なサブキャラクターを配して、リアルタイム放送時に“夜の昼ドラ”と評されたほどの驚愕の展開を用意する。


なかでも『M』での怪演ぶりが注目された、水野演じる独占欲の塊妻・蘭の存在感はすさまじい。プロジェクターで光の写真を映写して殺気立ったり、探偵のように信の浮気心を調査したり、完全なるホラー・ポジション。右足に手術痕があり、何かあるたびに「右足がうずく~!」と信を呼び寄せて配下に置く。あまりのキャラ立ちに、そのスピリットを受け継いだ連続ドラマ『奪い愛、夏』(2019年)が水野主演で制作されたほどだ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)