高畑充希主演『過保護のカホコ』特別編を放送、ほっこり&胸キュン再び

TV 公開日:2020/05/22 11
この記事を
クリップ

史上最高の箱入り娘、再び。


5月31日の日曜日から、土日の昼間の時間帯で、ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)特別編の放送が決定した。


本ドラマは脚本・遊川和彦、高畑充希が民放ドラマで初主演を務めた作品。『同期のサクラ』からさかのぼること2年。2017年の夏に放送された『過保護のカホコ』は、現代の日本が生んだ【過保護の象徴】のような21歳の女子大生・カホコが主人公。アルバイトもしたことがない。一人で服を選べない。 送迎付きで駅まで歩いた事がない。そんな“ないない尽くし”のカホコが、ついに抗菌のビニールハウスから、 雑菌まみれの世の中に飛び込んでいく。 


そして竹内涼真演じる、一人の青年、麦野初(むぎの・はじめ)に出会う。

「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」 

カホコとは全く正反対の環境で育ってきた初の発言をきっかけに、カホコの「自分探し」の旅が始まる。毎回、「こんなの初めて!」な経験を通して、彼女の中に眠っていた「本当の力」が徐々に目覚めていく。


「特別編」の放送枠は、以下の通り。

5月31日(日)14:55~17:00
6月  6日(土)14:55~17:00
6月13日(土)14:00~17:00
6月20日(土)14:00~15:00
6月27日(土)14:00~16:05

(※関東ローカル)
(※放送時間の変更の可能性がございます。)


なんとなく流行っていたのは知っているけど、実は見たことがない・・・。そんなアナタに、ちょっとだけ『カホコ』の魅力を。カホコのキーワードは、ズバリふたつ、「家族愛にほっこり」と「胸キュン」。


『過保護のカホコ』とは、タイトルからもおわかりの通り、過保護な親の元に育った大学4年生のカホコ(高畑充希)のストーリー。だが、ストーリーを重ねるごとに、カホコの父方と母方の両方の親戚たちをぐるっと巻き込んで、カホコを軸に大きな家族としてのつながりを描いていく。


カホコは就職活動もなすすべなく失敗し、今日着る服も自分では選べず、家事もまったくできない。そんなダメダメなカホコだが、得意なこともある。家族への純粋な強い気持ちと、他人の痛みには、とても敏感であるということ。個人個人が抱える問題や秘密、家族単位で直面するトラブルなど、生きていくうえでは様々な事件が勃発する。カホコだけでなく、カホコの父と母にも、それぞれ両親がいる。それぞれがそれぞれの家族を愛すること、家族とつながること、家族であることを重んじること、簡単そうだけど、ずっしりとした家族を巡るエピソードが、温かくもほっこりと描かれている。


そしてこのドラマ、放送当時にとても話題となったのが、カホコと竹内涼真演じる初(はじめ)のふたりの胸キュンシーンの数々。


【画像】ドラマ別カットをもっと見る

ドラマが放送された水曜日の夜は、各SNSではふたりの「胸キュンシーン」が毎話必ず盛り上がった。ネタバレになるので多くは語れないが、カホコとは全く正反対の育ち方をしてきたツンデレ要素たっぷりな初。この初との出会いが、今まで眠っていたカホコの「本当の力」を目覚めさせ、家族間に隠れた問題を次々と解決していく。全く違う人生を歩んできた二人が、徐々に惹かれあっていく胸キュンのラブストーリーもこの作品の魅力のひとつ。


とてもリラックスして楽しめるドラマだが、日常生活では見逃してしまいがちな、あるいは意図的に避けたいようなテーマもたくさん盛り込まれているのが『過保護のカホコ』。カホコを軸に、家族やいろいろな愛の形を提示してくれている。


そして主題歌は、星野源が歌う『Family Song』。この曲がドラマの余韻をじわじわと高めてくれる。こんな時代だからこそ、あらためて『過保護のカホコ』をじっくり見れば、新しい発見がきっとあるはずだ。


「特別編」の放送は5月31日(日)からスタート。



■『過保護のカホコ』特別編

出演:高畑充希 黒木瞳 竹内涼真 佐藤二朗 ・三田佳子・ 平泉成 時任三郎

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)