上白石萌音&佐藤健『恋つづ』が5冠達成、SNSでは祝福の声

TV 公開日:2020/05/20 339
この記事を
クリップ

『週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)5月29日発売号では、第104回ドラマアカデミー賞が発表され、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)が5冠を達成した。


ドラマアカデミー賞は1994年に創設され、毎年4回、クールごとに開催。国内の地上波連続ドラマの中から、読者、審査員、TV記者の投票によって部門別のNO.1を決定している。


第104回は、『恋はつづくよどこまでも』が最優秀作品賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、ドラマソング賞の5冠に輝いた。


最優秀作品賞に輝いた『恋はつづくよどこまでも』(恋つづ)は、上白石萌音が新米ナース・佐倉七瀬を、佐藤健が超ドSなドクター・天堂浬を演じ、二人の恋に視聴者はキュンキュン。恋つづブームを巻き起こした。


主演を演じた上白石萌音が主演女優賞を受賞。


助演男優賞には佐藤健が輝き、天堂カップルがW受賞を果たした。


また、天堂浬の姉・流子を演じた香里奈が助演女優賞を受賞。


さらにOfficial髭男dismによるドラマ主題歌『I LOVE…』がドラマソング賞を受賞。


キュンキュンシーンには欠かせない要素として『恋つづ』を彩った。


受賞が発表されると、Twitterのトレンドに「#恋つづおめでとう」というハッシュタグがトレンド入り。ファンからは祝福の声が上がっている。



その他、『テセウスの船』の竹内涼真が主演男優賞。同作から髙橋麻紀が脚本賞、石井康晴氏、松木彩氏、山室大輔氏が監督賞、柴崎楓雅が特賞を受賞した。WEB上のドラマアカデミー賞特設ページには受賞者インタビューも掲載されている。ぜひチェックしてみよう。


▼ドラマアカデミー賞特設ページ

https://thetv.jp/feature/drama-academy/


■『週刊ザテレビジョン』5/29号
表紙:なにわ男子&Aぇ! group&Lil かんさい
特別定価:410円
発売日/配信日:2020年5月20日(水)
発行:株式会社KADOKAWA

(C)TBS


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)