『乃木坂46時間TV』放送決定、秋元真夏「会えるようになった時にうれしさを爆発できるように」

TV 公開日:2020/05/17 23
この記事を
クリップ

乃木坂46がテレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」にて、『乃木坂46時間TV アベマ独占放送[ 「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』を放送することを決定。同番組は、6月19日の19時から6月21日の17時まで、46時間にわたって生放送で放送する。


これに伴い、乃木坂46は17日、メンバー45名が大集合したオンラインでの記者会見を実施。司会はキャプテン秋元真夏と梅澤美波が務めた。


ソーシャルディスタンスを取りながらの会見ということで、メンバーは一人ひとりが個別の画面上に登場。梅澤の掛け声で一斉に45名分の画面が並べて表示されると、全員揃って「みなさんこんにちは、せーの、乃木坂46です」とポーズを決めながら挨拶した。


ところが回線の影響からか、メンバーの発する声には時差が発生。まったく声が揃わず、秋元も「バッラバラですね(笑)オンラインならではの感じですかね」と苦笑した。


秋元が生田絵梨花に呼びかけると、生田は「こんな感じでジャージでまったり過ごしてます」とジャージ姿で登場。「ジャーン!断捨離したら出てきた」とジャージのファスナーを下ろすと、下に着ていた『乃木坂46時間TV』のTシャツを披露した。


また最近の過ごし方を聞かれた堀未央奈は「最近は寝て食べてですね。でも動かないといけないので、家族で即興ダンスパーティとかをやっています」と回答。一方、同じ質問に与田祐希は「今までしたことのなかった料理を始めました。デミグラスソースのオムライスが一番うまくできました。お母さんに写真で送ったんですけど『祐希作ったにしてはうますぎる。嘘だ』って言われました(笑)」と打ち明けた。


齋藤飛鳥はコロナ禍での番組放送について「こういう状況だから『落ち着いてからやればいいや』じゃなくて、テーマを掲げて今やるのは大切だと思いました。46時間TVは今まで、自分たちが思っている以上に反響があった。今回はより一層注目していただける気がするので、真夏さんのキャプテン力を46時間ぶっ続けで見せていただけるのかなと」と期待を寄せる。


山下美月は、メンバーがずらりと並ぶ画面を眺めながら「乃木坂って人数多いんですけど、こういう収録だと一度に全員の顔を見てお話できるし、ファンの方も自分の推しがどんな顔をしてるのかを瞬時に観られるので面白いなと思います。ゲームのキャラを選択する画面みたいですよね(笑)。リアクション頑張んないとなと思いました」と笑った。


その後司会の2人から番組で行われる企画の中から、現段階で決定している4つの企画を発表。まず1つ目は番組恒例企画となっている「乃木坂電視台」。この企画は各メンバーが個人でプロデュースする10分程度のコーナー。生田はこの企画について「私は46時間TVの準備に既に100時間くらい費やしてる。それくらい練習していることがあるので楽しみにしてください」とアピールした。


また、松村沙友理は「今までの乃木坂46の歴史上誰も成し遂げられなかったこと、乃木坂46の限界に挑戦したいと思います」、中田花奈は「今、話題のアレを使った企画をやろうと思っていますので楽しみに待っていてください」、与田祐希は「5月5日に誕生日を迎えて20歳になったので、電視台では"脱子ども"できるように頑張りたいと思います」とそれぞれ予告。


初めての『乃木坂46時間TV』となる新4期生5名も、緊張した面持ちでコメントした。黒見明香は「なにからなにまで緊張していますがみなさんに楽しんでいただけるよう精一杯頑張ります」、佐藤璃果は「初めてでドキドキですが楽しんでいただけるように、先輩方とも仲良くなれるように頑張ります」、林瑠奈は「全力の中の全力くらい頑張ります」、松尾美佑は「初めての参加で緊張しているんですけど、少しでも笑顔を届けられるように頑張ります」、弓木奈於は「とてつもなく微力ですが、楽しんでいただけるように一生懸命頑張ります」と各々の言葉で意気込みを語った。


2つ目に発表された企画は1期・2期・3期・4期生からなる『期別冠番組』。期ごとの個性が出るようなオリジナル番組を作成するというこの企画に、1期生・樋口日奈は「(齋藤)飛鳥も(和田)まあやも20歳超えたから大人っぽい感じでやってみたいよね。みんなで居酒屋みたいな気分でお酒飲んだり」とにっこり。


2期生・鈴木絢音は「みんなで温泉入りたい」と発言するも、「それ放送できる?」との指摘が。堀未央奈は「音声だけとかね」と頷いていた。


3つ目に発表されたのは恒例企画「人狼ミッドナイト」。星野みなみは「去年悔しい思いをしたので、この期間にいっぱい練習して頑張りたいと思います!」と意欲を燃やす。松村は「人狼といえば高山一実さんがとっても強いんですよ。やったことない後輩ちゃんは高山先生に教えてもらったほうがいい」とコメントした。


4つ目は、「乃木坂×Abema人気番組コラボ」企画。松村は「『声優と夜あそび』という番組ともしコラボできたら、私もうれしいし面白いものになるんじゃないかなと思います」と楽しそう。『声優と夜あそび』の視聴者だという田村真佑も「声とかセリフを使ったゲームとか、ショートムービーに声優さんと一緒にアフレコとかできたら楽しそうだなと思います」と笑みを浮かべた。


会見終盤には、『乃木坂46時間TV』初参加となる遠藤さくらが「46時間起きているコツ」を齋藤に尋ねる一幕も。齋藤は「お答えしましょう」と堂々とした態度で応じたかと思うと、「46時間TVで、私は過去一度も起きていたことはありませんのでそれはわかりません」とキッパリと答え、笑いを誘った。


最後に秋元は「人と接触することができない寂しさをみなさん持っていると思うので、私たちアイドルはできるだけファンのみなさんの身近にいたいと考えています。『46時間TV』はお家で観ることもできるので、今は会うことはできないけど、会えるようになった時にうれしさを爆発できるよう温存する期間だと思ってます」とメッセージを贈り、続けて今回の番組には不参加となる白石麻衣のコメントも紹介。


秋元は「ブログでお伝えしました通り、本来は5月のライブをもって卒業する予定でしたが、このような状況になってしまったため、延期になってしまいました。本来であれば私が卒業した後に計画されていた今回の46時間テレビということもあり、スタッフさんとも相談し、今回は出演せずに、みんなの活躍を見守ることにしました。この状況が収まり、みなさんが安全にライブを楽しんでいただくこと日が早く来ることを願っています。私も視聴者として46時間テレビ、すごく楽しみにしてます!」と読み上げ、「まいやんにも見守ってもらいたいなと思います」と会見を締めくくった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)