中村倫也&小池栄子、炎の中でのキスシーンが話題「刺激が強すぎ」

TV 公開日:2020/05/17 20
この記事を
クリップ

今、Twitterで“明智とマリアの炎の中でのキスシーン”が話題だ。


ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、毎週日曜よる10時30分~)は、東村アキコ氏の初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演を務めている。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。


話題のシーンは、倉庫らしき場所で、炎に包まれながら、明智(中村倫也)にマリア(小池栄子)がキスをする。第6話の予告編でこのシーンが流れるやいなや、「キスシーンやば」「刺激が強すぎます」「キスシーン待ってましたぁぁぁぁぁぁ!!!!!!ってなってるわたしやばいかな?????」「明智様とマリア様の燃えるキス!心臓やばい」など反響が相次いだ。二人に一体何が!?


第6話の舞台は、明智のお見合い会場の料亭。実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟(草川拓弥)と一緒にお見合いをすることになった明智。見合い相手の社長令嬢(北原里英)に、明智か弟の六郎のどちらかを選んでもらうことになるが、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに!そんな中、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が……。大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした見合い相手の令嬢が急死。明智は、フグ毒の事故に見せかけた殺人事件としてマリアが絡んでいることを確信する。しかしその先には、事件の裏で交錯する意外な思惑があった…。


苺を守るため、現場となった料亭から先に帰るように告げた明智。そのあとを追った苺が、殺人鬼となったマリアに初めて出会ってしまうシーンも。


明智は苺の証言をもとに、華麗な推理で殺人事件の謎を解き明かすが、一瞬のスキを突き、“ある者”に捕らわれてしまう。

【写真】捕らわれる明智(中村倫也)

そこに現れたマリアは、明智にキスをして……。マリアの歪んだ愛が大炎上する第6話に期待しよう。


▼第6話についてはこちら


▼関連記事


■『美食探偵 明智五郎』

2020年4月期日曜ドラマ  毎週日曜22:30~23:25

原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載) Ⓒ東村アキコ/集英社
ⒸNTV

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)