波瑠、日本と台湾の共同制作ドラマに主演 「強い絆で結んでくれる」

TV 公開日:2020/05/15 8
この記事を
クリップ

5月16日(土)より放送開始する、土曜ドラマ『路~台湾エクスプレス~』。台湾新幹線プロジェクトの軌跡を縦糸に、日本人と台湾人のあたたかな心の絆を描いた吉田修一の傑作小説『路』を、NHKと台湾の公共放送局・PTSの共同制作でドラマ化。


かつて麗しの島と呼ばれた美しい台湾の景色や活気ある街角を背景に、日本と台湾の人々の国境と時間を越えた心の交流を詩情豊かに描く。主演・波瑠よりアンケート形式で、コメントが到着した。


【主演・波瑠 コメント】

―台湾ロケについて、台湾ロケの思い出をお聞かせください。

以前母と旅行で訪れたことがあり、今回のロケが2度目でした。なので台湾の観光の面しか見えていなかったのだと思います。撮影で回った地では地元ならではの空気や住んでいる人々の温かさを新鮮に感じることができました。


―本作は、台湾新幹線開発における日本企業と台湾企業の道のりとともに、日本と台湾の人々の切なくも温かな人間模様を描く物語。原作や脚本を読まれて、波瑠さんご自身はどのようなご感想を持ちましたか?

この作品がもつメッセージがきっとこれからの日本と台湾を強い絆で結んでくれるのだろうと思います。長い期間をかけて、日本と台湾が紆余曲折ありながらも力を合わせて台湾の南北に線路を敷いたことには、それ以上の物語があると思います。台湾新幹線に関わった皆様の功績、それを映像化するために集まった日本と台湾クルーの積み重ねた毎日が、この先なにが起こるかわからない世界で繋がりになることを願っています。


―台湾の街並みや自然美、日台企業の交流、切なくも心温まる人間模様。さまざまな要素が詰まった本作。ご覧になる視聴者の方に見どころも含めてメッセージをお願いします。

言葉だけでやり取りをするより、相手の表情に目を向けたり、相手がなにを伝えたいのかを考えながら会話をする。普段の言葉が当たり前に通じる環境よりも、目の前の人の想いにアンテナを100%向けるという意識が働いていた現場でした。その作業ひとつひとつが温かかったと思います。そんな時間がたくさん詰め込まれている作品です。たくさんの人の元へ届きますように。


『路~台湾エクスプレス~』第1回

放送日時:5月16日(土) 総合テレビ よる9時(全3回)

原作:吉田修一『路』

脚本:田渕久美子

音楽:清塚信也

出演:波瑠、井浦新、寺脇康文、高橋長英/炎亞綸、邵雨薇、楊烈、林美秀 ほか

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)