窪田正孝 “優しい歌声” で名曲『風をあつめて』を歌唱

TV 公開日:2020/05/14 35
この記事を
クリップ

俳優の窪田正孝が出演する「マウントレーニア」の新CM『ほどいて、すすめ。』篇が、5月14日(木)より全国で放映される。

今回の新CMで窪田は、チームリーダーとして働く会社員役として登場。朝から続く打合せにデスク作業、後輩への指導など、めまぐるしい1日を過ごすなか「マウントレーニア」とともに“心をちょっとやわらげる”ひと時を過ごす様子が描かれている。仕事の合間に「マウントレーニア」を飲むことで心にゆとりが生まれ、活き活きとした時間のはじまりを表現する、窪田の“心ほどける表情”に注目だ。




また、今回の新CM挿入歌『風をあつめて』は窪田本人が歌い手となり、新CMの伸びやかな世界観をより印象的にしている。「頑張っているときのほどける瞬間を表現できるように、やわらかく、聴く人がほっとできればいいな、と意識しました」と語る、窪田の“優しい歌声”にも注目してほしい。

CM楽曲への参加が今回初挑戦となる窪田が、心を込めて歌う様子を収めたレコーディング動画も本日より公開された。


<CM撮影エピソード>

今回、オフィスで働くシステムエンジニアを演じた窪田。演技指導として本物のシステムエンジニアの方にタッチタイピング指導に入ってもらった。システムエンジニアの方のタイピング法は、特徴的で素早く、初めて挑戦した窪田は思わず「やばいできない!?」の声。しかし、さすが俳優の窪田。撮影本番までにはしっかり習得し、本物のシステムエンジニアさながらの見事なタイピングを披露してくれた。

同僚を引っ張っていく立場を演じる窪田。芝居は基本、アドリブでセリフのやりとりをしてもらった。指示を出すような場面でもどこか優しい雰囲気を持って演じる窪田に、カットがかかるとみんな自然と笑顔に。カットが進むにつれ、生まれる連帯感。連続ドラマで続きが見てみたくなるような楽しい撮影風景となった。

仕事に集中しているとき、ふとメガネを外し、マウントレーニアをひとくち。そんなときめきのつまった6秒動画も同時公開。実は撮影に使ったメガネは窪田の一目惚れメガネ。メガネ男子な窪田の姿をぜひご覧いただきたい。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 25件)

関連タグ