朝ドラ『エール』山崎育三郎 音楽学校の“プリンス”役で登場、美声披露に反響の声相次ぐ

TV 公開日:2020/05/12 22
この記事を
クリップ

12日放送のNHK 連続テレビ小説『エール』第32回に、俳優の山崎育三郎が、音(二階堂ふみ)が通う音楽学校の上級生の“プリンス”として登場。本日初登場した音のライバル・夏目千鶴子(小南満佑子)とデュエットをし、美声を披露した。


本日放送された第32回では、音の音楽学校生活がスタートする様子が描かれた。


ある日、オペラ実習の授業中、突然「人々を翻弄する愛という名の魔物…」とつぶやきながら、教室の窓際からプリンスが登場。プリンスは音楽学校の3年生で「頭脳明晰、眉目秀麗、神が与えし美しい声」と女子生徒から大人気の存在だ。


プリンスは、音のクラスに特別授業をすると申し出て、「どなたか相手役をお願いできますか?」立候補を募るも誰も名乗りでず、プリンスは相手役に夏目を指名。夏目と共にプリンスはデュエットを披露した。


プリンスと夏目の歌唱シーンに、視聴者からは「朝から美声が聞けるとは」「ミュージカルのプリンスが、プリンス役って似合いすぎる!」「歌うまいし、キザだし、プリンス最高!」「素晴らしい歌声が聞けて幸せ」と反響の声が相次いで寄せられている。



連続テレビ小説『エール』放送概要

NHK総合:午前 8:00~8:15 (再)午後 0:45~1:00

BSプレミアム・ BS4K :午前 7:30~7:45 (再) 午後 11:00~11:15


※土曜は月~金を振り返り放送

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)