“クルックー”の声は水卜麻美アナだった!『美食探偵』で超優秀と話題

TV 公開日:2020/05/08 15
この記事を
クリップ

あの“クルックー”の声は水卜アナだった!


日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系・毎週よる10時30分~)で、超優秀と話題の“クルックー”の声の正体がついに明らかになった。


本作は、大ヒットメーカー・東村アキコの初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演を務める連続ドラマ。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。


そんな明智に毎度、助手として駆り出される、小林苺(小芝風花)。彼女が何かと頼りにするのが、スマホの音声検索機能“クルックー”だ。


「OK、クルックー! ブーランジェリーって何?」など単純な単語の検索で、的確に答えてくれるだけではなく、第1話では「OK、クルックー! 睡眠薬を大量に飲んだ時の対処法は?」と尋ね、マリアに睡眠薬を飲まされて倒れた明智を助けた。さらに、第4話では、マリア・ファミリーの一員、シェフ(武田真治)に捕らわれた苺が、「OK、クルックー! 明智さんに電話!」とクルックーを使ってスマホを操作し、明智に助けを求めた。


そんな大活躍の“クルックー”だが、第1話から第4話まで、エンドロールには「クルックーの声 ????」と記載が。SNS上では、“クルックー”の声が誰なのかを予想合戦が繰り広げられていた。


この度、8日(金)放送の『スッキリ』にて、声の主が日本テレビアナウンサーの水卜麻美であることが発表になった。水卜は、収録の感想を問われると、「難しかったです」と答えながらも、「アナウンサーとして声で出演できるのはとても嬉しい」とコメント。「今度は殺される役で出演してみたい」と意欲を見せた。


なお、この“クルックー”の声だが、「着信音にしたい」というSNSの反響に応え、①クルックー ②メールです ③電話です という3パターンの音声が8日朝10時25分に番組公式Twitterと日テレYouTubeにアップされた。


10日(日)放送の第5話では、明智が、“給食による集団毒殺計画”に挑む。マリアのターゲットは、上遠野警部(北村有起哉)が離婚のため別居中の小5の娘・小春(横溝菜帆)。明智の推理がきっかけで、乳製品アレルギーを持つ小春がクラスで陰湿ないじめを受けていることが発覚するが、担任の教師はふざけているだけだとクラス内のいじめを認めず……。そんな中、小春が残した『死にたい』というネット上の書き込みに目をつけていたマリアは、小春の絶望につけいり、おぞましい計画を実行に移そうとする…というストーリー。第5話に注目だ。


<水卜麻美アナウンサー コメント>

クルックーの声は水卜麻美でした!アナウンサーとして“声”で出演できるのは、とても嬉しいです。出演が決まって、原作を一気読みしたのですが、とても面白くて……。ただ、クルックーは原作にない役ですし、私自身、普段、音声検索をあまり使わないので、どうやって演じればいいのか……難しかったです。“クルックー”が、苺ちゃんの役に立てたら嬉しいです。『美食探偵』には、実は、(第1話アナウンサー役の森圭介アナ、明智の父親役の宮崎哲弥さんなど)スッキリ・メンバーが結構出演しているので、裏の楽しみとしてそちらにも注目していただければと思います!今度は……殺される役で出演してみたいですね!


■『美食探偵 明智五郎』

2020年4月期日曜ドラマ  毎週日曜22:30~23:25

原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載) Ⓒ東村アキコ/集英社
ⒸNTV



▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)