浜辺美波、有村架純の存在は「ハートみたい」「天使が歩いてる」

TV 公開日:2020/05/07 18
この記事を
クリップ

女優・有村架純と浜辺美波が出演するJA共済連のTVCMシリーズ第6弾より、新たに俳優・萩原利久が出演することが発表された。3人が出演する特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」の新TVCM『新人』篇が、5月11日(月)より全国で放映される。


ライフアドバイザー(以下、LA)役の有村架純と、その妹役の浜辺美波の日常生活を描いたJA共済のTVCMシリーズは、2019年に公開した第1弾の放映以来好評で、大きな反響を呼んでいる。

この度放映開始される『新人』篇は、2020年4月より発売開始した身近な生活習慣病のリスクに備えられる新しい共済、特定重度疾病共済「身近なリスクにそなエール」の新TVCM。これまでのシリーズでライフアドバイザー役を演じてきた有村架純、その妹役の浜辺美波に加え、新たに新人ライフアドバイザー役として俳優の萩原利久が出演している。




『新人』篇では、カフェで偶然、浜辺と大学時代のサークルの先輩である萩原が再会するシーンから始まる。萩原が新人として働く職場にいる先輩の天然ぶりについて、浜辺に話していたところに、その先輩が偶然カフェに入ってくる。萩原が慌てて立ち上がり挨拶をしたその先輩は、なんと浜辺の姉である有村。先ほどまで萩原が話していた「先輩」が姉だったことに気付いた浜辺は、萩原の顔を見ながらいたずらな表情で「さっき先輩がね~」と有村に話しかける。焦った表情を浮かべる萩原の様子を見て真顔で問い詰める有村。お互いの関係性が分かったときの、三者三様の表情に注目だ。



<撮影エピソード>

今回、第1弾から共演を重ねている有村と浜辺に加え、新人ライフアドバイザー役として新たに萩原が参加し、新たなメンバーでの撮影となった。浜辺がいたずらな表情で萩原を煽るシーンは、アドリブも交えて様々なパターンを撮影。カットがかかると、3人とも真剣な表情でモニターを確認し、テイクを重ねる姿が印象的であった。撮影が進むにつれ、初共演とは思えないほど息ぴったりの演技を見せる3人。最後は最高の演技で撮影を締めくくり、それぞれの豊かな表情とチームワーク抜群のやり取りが見どころの作品になった。

JA共済のCMには初出演となる萩原。最初は少し緊張した様子で撮影現場に入った萩原だったが、撮影の前には、同世代である浜辺と笑いながら楽しく話をしていて、少しリラックスした様子も見えた。また、撮影の合間には有村、浜辺、萩原がアニメトークを繰り広げる場面も。浜辺おすすめの人気アニメの話で盛り上がり、3人での共演は初めてとは思えないほどの仲の良さが伺えた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)