田中みな実が「許さなーーーい」のは自分自身!?演技者としての高い偏差値

TV 公開日:2020/05/09 21
この記事を
クリップ

令和の新時代に一周回って新しいベッタベタな演出とイジリ!?とも勘ぐりたくなる斬新な展開が話題のテレビ朝日系『土曜ナイトドラマ  M 愛すべき人がいて』(毎週土曜よる11時15分~)。しかし何よりもドラマを輝かせているのは、フリーアナウンサーで女優の田中みな実の存在にほかならない。


本ドラマは歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた同名小説が原作だが、脚本を担当した鈴木おさむが“ドラマならでは”のオリジナル要素を加えて、壮大なスケールで描いている。クレイジー狂愛ドラマとして鈴木が脚本を担当した連続ドラマ『奪い愛、夏』(19‘)に出演した水野美紀、三浦翔平、そして田中みな実がキャスティングされているのも、『M 愛すべき人がいて』への“クレイジー”継承を狙ってのことだとわかる。




【画像】写真をもっとみる


今回のドラマでクレイジーな大役を担っているのが、謎めいた美人秘書・姫野礼香役の田中だ。マサ(三浦翔平)がトップアーティストに育てようとするアユ(安斉かれん)に対して嫉妬し、秘書としてマサをサポートする風を装いながらも謀略をめぐらせる。ミカンの皮のような眼帯を装着しているビジュアルも視聴者に強烈なインパクトを与えた。



ややもすれば出落ちに陥るリスクの高いキャラクターを、田中は持ち前の美貌を逆手にとって熱演。マスカットの粒をもぎ取って「マサの未来が見えるぅ~!」と恍惚の表情でつぶやいたり、マサの口にマスカットの粒を無理矢理押し付けたり、ふさがっていない方の左目を異様に見開いてギョロギョロさせたり。真剣にやればやるほど、見た目と行動のギャップが生まれて異常性は高まるばかりだ。


先週放送の第3話では、マサに一方的に結婚を迫るフォトブック「メモリー・オブ・マサ」(ほとんどマサの隠し撮り写真!)や婚姻届けを持参し、アユの袖口をつまんで「泥棒の手をしている!」と罵って「許さなーーーーーーい!」の低音絶叫。ネット上を大いに盛り上げた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)