Toshl『題名のない音楽会』に初出演、オーケストラをバックに熱唱

TV 公開日:2020/05/01 14
この記事を
クリップ

Toshlが、テレビ朝日『題名のない音楽会』に5月2日(土)から2週にわたって出演する。



2018年、2019年と2年連続でカバーアルバム『IM A SINGER』、『IM A SINGER VOL.2』をリリースし大ヒット。唯一無二のシンガーとして改めて注目を集めたレジェンドToshl。


今年は現在放送中の読売テレビ・日本テレビ系全国ネットドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(同ドラマの原作は丘上あいのコミック「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」)の主題歌である『BE ALL RIGHT』が配信され話題を呼んでいる。


そんなToshlがさる3/9(月)に『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)の収録に臨んだ。世界的に活躍するマエストロ原田慶太楼の指揮と東京フィルハーモニー交響楽団の音を背負って歌うToshlの歌声が必見だ。収録時は無観客だからこそ静寂の会場に響き渡る音はより臨場感を持ったものとなることだろう。


放送は2週にわたり1週目の5/2(土)は「Toshlオーケストラで歌う音楽会」と題し、アニソン『残酷な天使のテーゼ』、ロック『ボヘミアン・ラプソディ』、ミュージカル「ミュージカル「エリザベート」より『闇が広がる』」と多彩なジャンルをフルオーケストラで歌う。特に『ボヘミアン・ラプソディ』はライブでも全てを再現するのは難易度が高い楽曲を果たしてどう再現するかも見どころの1つである。


そして2週目の5/9(土)は「Toshlオーケストラでディズニーを歌う音楽会」と題した回だ。馴染み深いディズニーの名曲をマエストロ原田慶太楼の指揮と東京フィルハーモニー交響楽団、Toshlがどう表現するか楽しみだ。今の鬱屈した状況に音楽で視聴者に勇気を与えてくれること間違いないだろう。


■『題名のない音楽会』 
テレビ朝日
5月2日(土)10:00~
※地域により日時が異なります。


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。