仲里依紗が演じる「れいぞう子」 奇妙な名前に秘められた戦慄の由来とは

TV 公開日:2020/05/02 8
この記事を
クリップ

5月3日(日)放送の日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』第4話は、キッチン・ハラスメント殺人事件。仲里依紗が演じる“れいぞう子”という名前に秘められた戦慄の由来とは…


本作は、大ヒットメーカー・東村アキコの初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演を務める。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。


第1話&第2話の“林檎”(志田未来)、第3話の“シェフ”(武田真治)。これは、殺人鬼マリアに背中を押されたことによって殺人というダークサイドに足を踏み入れ“マリア・ファミリー”となった者が、マリアと出会うきっかけとなるネット上のハンドルネームだ。第4話では、新たに、“れいぞう子”が登場する。“れいぞう子”という奇妙な名前の戦慄の由来とは…?


“れいぞう子”こと主婦・みどり(仲里依紗)は、東北の姑から送られてくる大量の手料理が、冷蔵庫を埋め尽くすことにストレスを抱えていた。結婚して、新居に引っ越して真っ先に買った大きな、真っ白い冷蔵庫。料理が大好きな自分の手料理で冷蔵庫をいっぱいにし、夫(落合モトキ)に食べてもらおうというささやかな主婦の夢は、毎週送りつけられてくる姑からの真っ黒な手料理と、それをこよなく愛するマザコンの夫による“キッチン・ハラスメント”によって打ち砕かれていた。


その無念さから、みどりは“れいぞう子”というハンドルネームを使い、インターネット上の掲示板に、「食料品を毎週送りつけてくる姑に困っています」と相談を書き込んだのだった。


みどりにコンタクトを取ったマリアは、彼女の哀しい思いにつけこみ、“れいぞう子ちゃん”と呼びかける。「全てを捨てて、冷蔵庫を空っぽにして…」マリアに背中を押された“れいぞう子”は、夫のために手作り料理を作るはずだった包丁を手に、夫を殺害!

【写真】包丁を手に放心するれいぞう子

そして、マリアは、からっぽにさせた真っ白い冷蔵庫を“あるモノ”でいっぱいにしようと企むのだった…。


冷蔵庫を埋め尽くすことになる、戦慄の“あるモノ”とは…?真っ白な冷蔵庫とともに、幸せな生活を送るはずだった主婦の哀しい狂気が炸裂する第4話に期待が高まる。


■『美食探偵 明智五郎』

2020年4月期日曜ドラマ  毎週日曜22:30~23:25

原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載) Ⓒ東村アキコ/集英社


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)