横浜流星が500万円で売られていたら…?妄想&胸キュンが止まらない『彼氏をローンで買いました』

TV 公開日:2020/05/02 45
この記事を
クリップ

また多恵の作ったチャーハンを食べて「んま。マジマンジ!!」なんて明るく軽いトーンで言われると、『初めて恋をした日に読む話』で横浜が演じた由利匡平を思い出してしまう。『あなたの番です-反撃編-』や『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』の横浜のキャラクターとは大違い。キャラクターがすっごくリアルなのもハナ丸。そう、こんな可愛いジュンだけど、闇サイトで売られるだけあって、めちゃくちゃクズ男っていうところにそそられる女性もいるかもしれない。


猫をかぶってない多恵とジュンの掛け合いもバッチリ。何かあるたび、グーパンする多恵だけど、ジュンは全然悲愴な部分を見せない。それでもいろいろあって…。ジュンと一緒にいるところを本命彼氏の俊平(淵上泰史)に見られたりと、波乱万丈の連続に釘付けとなってしまう。


猫を被って最高のエリート彼氏を手に入れるか、猫を被らず、ありのままの自分を見せられるローンの彼氏を手に入れるか。多恵が選ぶ幸せへの道は、きっとあなたを「そうきたか」と思わせるだろう。



dTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」


■出演: 真野恵里菜 横浜流星 ほか

■監督:加藤裕将

■脚本:野島伸司   

■企画:上田徳浩(エイベックス通信放送)、清水一幸(フジテレビジョン)

■プロデュース:辻村和也(エイベックス通信放送)

■プロデューサー:郷田悠(FCC)

■制作協力:FCC

■製作著作:(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン 



文:今 泉

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)