氷川きよし『The Covers』で限界突破の最強パフォーマンス披露

TV 公開日:2020/04/24 9
この記事を
クリップ

アーティストが、思い出深い名曲を個性的なアレンジでお届けする、NHKBSプレミアムの音楽番組『The Covers』。この春から7年目に突入し、4月19日・26日(日曜・夜 10 : 50)は2週に渡り、作詞活動50周年の松本隆を迎えスペシャルナイトをお届けする。司会は、リリー・フランキーと池田エライザ。


26日のテーマは、松本隆が手がけた「80年代男性スターの名曲」。近藤真彦、少年隊などの男性スターから、寺尾聰、南佳孝などのアーティスト、更に演歌界の森進一まで、80年代の男性アーティストの名曲を多数手がけている松本隆。ゲストには氷川きよしと藤巻亮太を迎え、そんな男性スターの名曲を特集。


幼少期から松本作品を聴いて育ったという氷川は、名曲『さらばシベリア鉄道』を、斎藤ネコ率いる超豪華バンドをバックに、限界突破の最強のパフォーマンスで届ける。太田裕美や大瀧詠一が歌う、オリジナルバージョンを何度も聴いたうえで収録に臨んだという氷川。パフォーマンスを見た松本隆は「すばらしいね。若い頃からJ-POPを聴いて育ってるから、体にリズムが沁み込んでる(歌唱)」と語った。


作曲家・筒美京平と共に手がけた近藤真彦のデビュー曲『スニーカーぶる~す』については、この曲の印象的な歌詞「Zig Zag Zag~」が生まれた背景が語られる。大ヒットナンバー『ルビーの指環』や、森進一『冬のリヴィエラ』など、ジャンルを超えて多くの名曲を生み出す松本隆の作詞秘話に、氷川は「松本先生の授業を受けているみたいで、感動しちゃって…」と感想を語った。


『粉雪』や『3月9日』などヒット曲を生み続ける藤巻亮太は、松本隆にヒット曲制作の極意を質問。その答えに、スタジオは驚愕の嵐!?藤巻亮太がアコースティックジャジーなサウンドで披露する、松本隆×南佳孝による名曲『スローなブギにしてくれ(I want you)』。松本ならではのダンディズムが詰まったこの曲。パフォーマンスをみた松本は「(原曲の)感じを凄く掴んでる。(藤巻さんは)モテるよね!?」と称賛の言葉を贈った。


更に、番組アーカイブスから「松本隆×80年代男性スターカバー集」も。MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)がマッチの『スニーカーぶる~す』、ハナレグミがラッツ&スター『Tシャツに口紅』、横山剣が森進一『冬のリヴィエラ』、杏沙子による寺尾聰『ルビーの指環』などの貴重なパフォーマンスを届ける。


日本の音楽シーンに数々の名曲を刻んだ作詞家・松本隆を迎え、ここでしか聞けない名曲秘話と彼が手がけたヒット曲満載で届けるスペシャルナイト、どうぞお楽しみに。


■『The Covers』

4月26日(日)22 : 50 ~ 23 : 19 <BSプレミアム>

MC:リリー・フランキー / 池田エライザ

特集:松本隆

ゲスト:氷川きよし 藤巻亮太


(C)NHK


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)