高野洸主演 青春ダンスドラマ『KING OF DANCE』DJ KOOが本人役で出演決定

TV 公開日:2020/04/24 8
この記事を
クリップ

読売テレビにて放送中の、ダンス自慢の俳優たちが限界ギリギリのダンスパフォーマンスで魅せるTVドラマ×舞台の連動プロジェクト『KING OF DANCE』に大会MCとしてDJ KOOが本人役として出演することが発表された。


【写真】ほかの写真をみる

DJ KOOが演じるのは、本ドラマのタイトルにもなっている、ダンサーであれば誰もが必ず一度は優勝を夢見る国内最高峰のダンス大会「KING OF DANCE」の大会MC。優勝すれば一夜にして人生が変わるとまで言われているビッグタイトルの大会MCという、物語にはなくてはならない存在となっている。


DJ KOOが登場する第3話からは、『KOD』大会本番編へと突入する。『KOD』第一回戦は、高野洸演じる主人公・高山空が所属するDrawing Backと本田礼生演じるYOHEI率いるKIZAMIとの因縁の対決で幕が開く。ついに始まる、各チーム魂のこもった“ガチダンス”やその裏で交差する人間模様に注目したい。



また、外出自粛要請などで急増しているビデオ会議、遠隔授業や、オンライン飲み会の場などでバーチャル背景として使用できる画像提供がスタートした。ドラマ内に登場するリサイクルショップやレッスン場、バトル会場など全6種類で、PCの壁紙としても利用可能。画像は公式Twitter並びに公式HPから取得できる。


そして、今年の7月~8月に上演が決定している舞台「KING OF DANCE」のチケットの二次先行が昨日4月23日(木)より各プレイガイドにて予約受付が開始した。




【ドラマ「KING OF DANCE」第3話あらすじ】

元Drawing BackのメンバーだったYOHEIが、稽古場を奪いにKIZAMIのメンバーと共に稽古場へ乗り込んできた。稽古場を懸けたKIZAMI VS Drawing Backのダンスバトルは、時本の“独断と偏見”によるジャッジによって引き分けに終わった。結果に納得のいかない両者だったが、KODグループステージAの組み合わせが発表され、KOD1回戦での再戦が決まった!


打倒KIZAMIを目標に、空、駆、HIDEは、仕事で抜けていたD2に振りを教えていた。だがそのD2はどこか元気がない様子。そんなD2を心配するHIDEだが、D2にはメンバーにも言えないあることが…。仕事終わりD2はお世話になっているWORLD_Mの真城から、引き抜きの話を持ち掛けられたのだ。突然の真城の提案に、海斗は納得がいかないが、真城の言葉にD2の心は少し揺らぎ始める…。大会の日も迫り、ショーケースの振付が始まったDrawing Back。YOHEIがいた時代の4人の動画を見て振り起こしを始めたが、そこには楽しそうに踊るYOHEIと3人の姿があった…。いよいよKOD1回戦の日が近づく、ついに初戦を迎えるDrawing Back。次こそは“公平なジャッジ”のもと、ダンサーNo.1の称号を懸けたダンスバトルの幕が上がった!



ドラマ「KING OF DANCE」 概要

放送:読売テレビ 毎週土曜深夜0:58 ~放送中 2020年4月25日(土) 第3話放送

中京テレビ 毎週木曜深夜1:44~放送中 2020年4月30日(木) 第3話放送

BS日テレ 毎週木曜 夜11:00~ 2020年5月7日(木) 第1話放送開始

脚本:吉谷光太郎

監督:松永洋一、土屋隆俊、林雅貴

振付監修:PURI(WILDLIFE WORKS)

出演:高野洸、和田雅成、丘山晴己、蒼木陣、丞威、福澤侑

本田礼生、眞嶋秀斗、滝澤諒、野島良太、RYUICHI

和田琢磨、バッファロー吾郎A、DJ KOO/荒木宏文


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)