フジテレビ発 異色のホラー作品がハリウッドリメイク化決定

TV 公開日:2020/04/23 18
この記事を
クリップ

2013年にフジテレビの深夜帯で放送されたCX-horrors作品『ホラーアクシデンタル』及び、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」で配信されている『ホラーアクシデンタル2』のハリウッドリメイク版の企画開発が決定し、今アメリカのエンタメ業界で話題となっているショートコンテンツに特化した動画配信サービス「Quibi(クイビ)」にて今後配信される。(配信時期:調整中)

『ホラーアクシデンタル』はフジテレビが深夜帯にて不定期に放送してきたホラードラマシリーズ『CX-horrors』の作品の一つであり、心霊や祟りといった日本古来のホラーではなく、またゾンビや超常現象といったオカルトとも違い、ありふれた日常生活に潜む恐怖や人間の狂気をスタイリッシュなタッチで描いてきたネオジャパニーズホラーであり、深夜放送ながら、放送の度に若い世代を中心に大きな反響を得てきた作品だ。

本作品の監督はネオジャパニーズホラーの第一人者である三木康一郎が担当した。三木監督が描くホラーは、“人間の心の闇”にフォーカスし、ホラーにありがちな過度な演出はなく、小さな動き、小さな表情の変化と、独特の“間”で作り上げられた世界となっている。もしかしたら、明日自分の身に起こるかもしれないという身近な感覚と、視聴者に解決できない理屈を超えた後味の悪さを与える。

今回、『ホラーアクシデンタル』とハリウッドをつなぐマッチメーカー役となったのが、株式会社アミューズの北米子会社であるアミューズグループUSAだ。同社が進めるハリウッドのメジャースタジオ・テレビネットワーク・制作会社などに、日本発のIPを紹介するJ-CREATIONプロジェクトを通じて、フジテレビは2016年より自社IPのハリウッドリメイク化の交渉や企画開発を積極的に推進してきた。

J-CREATIONではこれまで複数のスタジオオプション契約や企画開発ディールを締結してきたが、実際に製作・配信が決定したのは、今回のドラマ『ホラーアクシデンタル』のリメイクが初となる。フジテレビ、そしてアミューズグループUSAは、エグゼクティブプロデューサーとして作品に参加する。フジテレビが生み出した異色のホラー作品が、ついに国内を飛び出し『Horror Accidental』として世界へと羽ばたいていく、日本作品としてもこれまでにない展開となる。

ハリウッド版ドラマ『ホラーアクシデンタル』の制作を手掛けるのは、MTVネットワーク前社長のヴァン・トフラーが設立し、多彩なハリウッドコンテンツをプロデュースしてきた映像スタジオ「Gunpowder&Sky|ガンパウダー&スカイ」。スタッフ陣は、監督・脚本に映画『スノーホワイト』(2012、出演:チャーリーズ・セロン)、『ダイバージェント』(2014)、『トゥームレイダー』(2018)で脚本として参加したエヴァン・ドーハティー(Evan Daugherty)という実力派スタジオ、スタッフが集結。


そしてこの実力派チームによって製作されるアメリカ版『Horror Accidental』は、ディズニーで活躍した後、ドリームワークスを創業したジェフリー・カッツェンバーグ氏が率いる短尺動画配信サービス「Quibi(クイビ)」での配信が決定。ハリウッドで活躍したカッツェンバーグ氏が立ち上げるサブスクリプション型の短尺動画配信サービスは、サービス開始前から大きな注目を集め、ハリウッドの最高品質の映像コンテンツを10分程度の尺で展開していく予定だ。

<フジテレビ コンテンツ事業室 大辻健一郎(日本版ホラーアクシデンタル企画)コメント>
「祟りでもゾンビでもスプラッターでもない、独特の世界観を持った東京発の本作が、ハリウッドの実力派クリエイター達によってどのような作品になるのか楽しみです。また、今、アメリカそして世界から耳目を集める新たな動画配信サービスQuibiで配信する作品として着目して頂いたことを光栄に思います」

<エヴァン・ドーハティー(米国版監督/脚本家)コメント>
「フジテレビがプロデュースしたドラマは、ホラーではありがちな手法を一切使わずに、とても不気味でユニークな作品に仕上がっています。このシリーズをアメリカ向けにアダプトできることを光栄に思います。またQuibiは、このような画期的なストーリーテリングに対してこれ以上にないほどぴったりなプラットフォームだと思います」

(Ç)フジテレビジョン

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)