草彅剛、失われつつある「日本の多様性」を再発見

TV 公開日:2020/04/22 26
この記事を
クリップ

草彅剛がMCを務める『最後の○○ ~日本のレッドデータ~』が5月1日(金)22時よりNHK BSプレミアムで放送される。



日本や世界で、唯一その工場でしか作れない製品、その職人にのみ受け継がれた技術、地域で愛され続けた味など、絶滅が決定的なもの、そしてこのままでは近く絶滅が予想されるものがある。本番組では、日本各地に潜在する「最後の○○」を徹底リサーチ。「○○が絶滅すると、実はこんな影響が…」といった知られざる価値を検証し、失われつつある「日本の多様性」を再発見する。

番組では、味噌・醤油・酒・酢などの最高級品の製造に欠かせない木桶や、和傘の骨を中心でまとめ開閉の核となる部品の「ろくろ」、常備薬の定番だった消毒液の「赤チン」など、絶滅の危機にひんしている、日本の文化を形作ってきたものが紹介される。


番組MCを務めた草彅からもコメントが到着した


草彅剛 コメント

この番組に参加して、日本の技術や伝統・文化を身近に感じることができ、大変刺激になりました。そして、スタジオにお越しいただいた職人さんたちの言葉には、とても心に刺さるものがあり、僕だけでなくこの番組をご覧になる皆さんにとっても、人生のヒントになる言葉がきっとあると思います



『最後の○○ ~日本のレッドデータ~』

【放送日】

 5月1日(金)BSプレミアム 22:00~22:59

 5月8日(金)総合 19:30~19:55「金とく 最後の○○ ~日本のレッドデータ~」<東海 3 県>

【出 演】

草彅 剛、三輪秀香アナウンサー

【制 作】

NHK名古屋放送局

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ