美人秘書・茜(Niki)の意外な過去が明らかに『ピナバタ』第4話の議題は“セックスレス”

TV 公開日:2020/04/23 11
この記事を
クリップ

ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』の第4話が23日よりMBSほかにて順次放送される。

本ドラマは女性ファッション誌「with」(講談社)の読者アンケートを元にしたマンガを実写化。矢作穂香と伊藤健太郎がダブル主演を務め、堀田茜、瀧本美織、筧美和子、Nikiの4人が、異なる恋愛観を持つ29歳の“婚活女子”を演じる新感覚ラブコメディー。

16日に放送された第3話では、華やかな容姿で男性からもモテモテ、プライドが高く好きなタイプは「お金持ち」と話す社長秘書・松岡茜(Niki)の意外な過去が明らかになった。

-

茜は取引先の営業部のリーダー・五十嵐(濱尾ノリタカ)からご飯に誘われる。「五十嵐の年収がイマイチだから、条件的にはナシ」と言っていた茜だったが食事に行くことに。PBSの調査員・椿(矢作穂香)は、茜が五十嵐からの食事の誘いを受けたことを「茜の暇つぶしといえども、五十嵐が今まで交際してきた男性とレベルが下がっている」と不思議に思い、茜の過去を調査する。

実は、茜と五十嵐が中学の同級生だったことがわかり「それならなぜ茜は五十嵐に同級生だと告げないのだろう?」とさらなる疑問が生じる。


すると、PBSの小林(伊藤健太郎)が、茜がネットに書き込んだ投稿を発見する。そこには、中学生の頃家が貧しく、それが理由でいじめられていたことが書かれており、五十嵐に心惹かれているが、自分の過去を明かしたくないと思い悩んでいるという内容が投稿されていた。茜はプライドの高さ故にそのことを周囲に相談できず、ひそかに自分の過去と、打ち明けられない悩みをネットの掲示板に書き込んでいたのであった。


第3話で明らかになった茜の過去。第3話が放送されると、「そんな過去があったなんて…びっくりした」「茜、辛いな…」「茜さん、今回の話で好きになった」と反響が寄せられた。



第4話は、中学の同級生だということを伝えられないまま、茜と五十嵐は動物園デートに出かけることに。このデートで茜は、これまであまり感じたことのないある感情に気づくことに。帰り際、偶然にも以前デートをして茜が「つまらない」と暫く連絡を絶っていた学歴・収入・全てがパーフェクトな津田(一ノ瀬竜)と鉢合わせてしまう。楽しかったデートは一転して修羅場に…。


第4話あらすじ

マッチングアプリで出会った時田(奥野壮)との2回目のデートで、終電を逃した美晴(瀧本美織)。真面目な時田に心を痛めた美晴は、彼氏がいると告白するものの、時田から返ってきたのは、まるでマンガのような純粋で真っすぐな答えだった。一方、彼氏の涼太(佐藤流司)は、5か月ぶりに美晴をベッドに誘うも、かつてのような丁寧な扱いは消え、するだけしてすぐに寝るという雑な扱い。

PBSでは、権田所長(伊藤修子)が大好きな、この「セックスレス問題」について話し合われていた。小林(伊藤健太郎)の分析によると、交際は長ければ長いほどレスになる傾向にあり、特に「交際3年目の試練」があるという。「やるべきか、やらざるべきか」ノリノリで議論する権田と小林にドン引きの椿(矢作穂香)。

時を同じくして、笹山先輩(忍成修吾)とご飯に来ていた沙代(堀田茜)。もしかして…という期待が心にちらつく中、先輩からある告白を聞かされて…!?美和(筧美和子)は街を歩いていると、突然呼び止められたのだが、その相手がまさかの…。

順調に見えたそれぞれの婚活がまさかの展開となる『ピーナッツバターサンドウィッチ』第4話は23日よりMBSほかにて順次オンエア。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)