『美食探偵』赤楚衛二が出演、武田真治に役で心酔するのは「難しくなかった」

TV 公開日:2020/04/19 8
この記事を
クリップ

12日にスタートした日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)に、イケメン・ギャルソン役で赤楚衛二が出演することが明らかになった。


本作は、大ヒットメーカー・東村アキコの初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演の連続ドラマ。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌した主婦(小池栄子)と対決する“恋する毒殺サスペンス”。


来週26日(日)放送の第3話の舞台は、探偵事務所の近くのフレンチレストラン『メゾン・ヴェリテ』。そこで客がパンを喉に詰まらせ窒息死する。明智は店の厨房にモナリザの絵葉書が飾ってあったと知り、マリア(小池栄子)が絡んだ事件であると確信。しかし、店長兼シェフの伊藤(武田真治)が亡くなった客を必死に助けようとしていたという目撃証言は、事件ではなく事故の可能性を裏付けていた......。


その事件の舞台である、『メゾン・ヴェリテ』で働くイケメン・ギャルソン、野中役に、「仮面ライダーシリーズ」への出演でも話題を呼んだ若手実力派俳優の赤楚衛二が決定した。


野中は、ギャルソンとして働きながらも料理人を目指しているという役どころ。武田真治演じるシェフ・伊藤の下で働きながら、彼に心酔しており、憧れとも思慕ともつかない熱のこもった視線を送る。


赤楚は武田との共演について、「武田真治さんとは初めてご一緒させて頂いたのですが、現場での在り方や周りへの配慮、役と真摯に向き合う姿は凄くストイックで且つ懐が深くて、とても素敵な方でした。なので、伊藤への憧憬の念や心酔する想いを抱くのは難しくなかったです。ご一緒出来て光栄でした。」とコメント。


“窒息死”の真相は!?明智は、マリアにたどり着けるのか?26日(日)放送の第3話に注目だ。


【写真】第3話先行カットを見る


<赤楚衛二 コメント>

今回恥ずかしながらギャルソンという言葉を初めて知りました。フレンチに関しての知識は全くなかったので新しい世界に触れた感覚があります。武田真治さんとは初めてご一緒させて頂いたのですが、現場での在り方や周りへの配慮、役と真摯に向き合う姿は凄くストイックで且つ懐が深くて、とても素敵な方でした。なので、伊藤への憧憬の念や心酔する想いを抱くのは難しくなかったです。ご一緒出来て光栄でした。


■『美食探偵 明智五郎』

2020年4月期日曜ドラマ  毎週日曜22:30~23:25

公式Twitter(@bishoku_ntv)

原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)

Ⓒ東村アキコ/集英社 ⒸNTV


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)