中村倫也主演『美食探偵』独特な設定に誘い込む“悪くない”1時間

TV 公開日:2020/04/19 20
この記事を
クリップ

19日放送の第2話は、第1話の後半で起きた帝都ホテルカップル毒殺事件の続き。被害者と同じルームサービスの朝食・フレンチトーストを注文し、優しい甘さに舌鼓を打つが、殺人に使われた強烈な味の毒ならすぐにバレたはずだと疑問に感じる。そんな中、高橋刑事(佐藤寛太)のアシストで、被害者の胃からホテルの朝食に使われていないはずの“リンゴ”が検出されたことがわかる。


一方、とあるバーでは、殺人鬼として覚醒したマリア(小池栄子)が焦燥した様子の女性・茜(志田未来)に優しく語りかけていた。茜は上遠野警部(北村有起哉)が真犯人として追う、殺された男に二股をかけられていた女性だった……。


翌日、母・寿々栄(財前直見)に呼び出された明智は、実家でランチを摂ることに。同行した苺は豪邸と手の込んだ料理に興奮するが、険悪な親子の間には何かわだかまりがある様子で……。そんな中、熱い料理なら毒の味もごまかせたのではと思いついた明智は、犯人が被害者の目の前で熱々のリンゴジャムを調理したと推理する。しかし、上遠野は、二股をかけていた男がホテルの部屋に茜を上げたはずがないと反論。


事件の裏にマリアの影を感じた明智は、茜の実家が青森のリンゴ園だと知ると、苺の親友・桃子(富田望生)を運転手にして一路青森へ! “毒リンゴ”に込められた犯人からのメッセージに美食探偵が迫る。


「悪くない」は、明智五郎の最上の誉め言葉の一つ。個性的なキャラクター全員がテンポのよい掛け合いの中で強烈な魅力を放ちながら、シリアスとコメディーがパンパン切り替わり、時に共存。その中で繊細な人間の感情が描かれ、あっという間に1時間が経過する。ドラマの最後に流れる宇多田ヒカルの主題歌『Time』は、そんなドラマをすべて受け止め、切なさを担う大事なパーツになっている。


中村倫也によると「第一話は彼らの物語の序章に過ぎない」とのこと。今夜放送の第二話では、どんな展開が待っているのか楽しみだ。


【写真】第2話カットを見る


■『美食探偵 明智五郎』

2020年4月期日曜ドラマ  毎週日曜22:30~23:25

公式Twitter(@bishoku_ntv)

原作「美食探偵-明智五郎-」東村アキコ(集英社「ココハナ」連載)

Ⓒ東村アキコ/集英社 ⒸNTV


▼第1話についてはこちら

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)