藤原竜也&竹内涼真“新コンビ”がいきなりのピンチ!?ドラマ場面写真解禁

TV 公開日:2020/04/14 6
この記事を
クリップ

心臓に爆弾を埋め込まれた諜報組織「AN通信」のエージェントの活躍を描いた吉田修一の原作"鷹野一彦シリーズ"を、ドラマから映画への連動で一挙映像化するメガプロジェクトの連続ドラマ版「-THE ECLIPSE-」。


藤原竜也、竹内涼真という旬過ぎるトップキャストを初共演で迎え、映画版とは異なるNEWストーリーを描く。監督は『MOZU』『海猿』シリーズなど、エンターテインメント超大作を次々と仕掛けてきた羽住英一郎。また昨年1月のメジャーデビューから破竹の快進撃を続けるKingGnuの新曲『泡』が、ドラマ&映画のプロジェクト共通主題歌として、本編を彩る。

主人公の鷹野役に藤原、その新人の相棒・田岡役に竹内、2人の司令塔・風間役には佐藤浩市、同僚エージェント山下役に市原隼人、NPO法人の職員・落合役に多部未華子、そして鷹野の過去に陰を落とす謎の工作員・桜井役に安藤政信、さらには吉田鋼太郎、石橋蓮司、柿澤勇人、酒向芳ら強力なキャスト陣がしのぎを削る。


この度、本作の場面写真が解禁された。ドラマの主な舞台となる東京で、国際都市博覧会の建設現場に潜入する鷹野と田岡の姿や、2人の上司の風間、さらには過去の因縁から日本政界の闇を追い続け、やがて「AN通信」の存在に迫るNPO法人の職員・落合や政界のフィクサー・中尊寺を支える秘書・永島に中国企業の役員・周が怪しく急接近する姿、そして鷹野の前に立ちはだかる“過去の亡霊”桜井の姿まで確認できる。

【写真】場面写真を見る

そして鷹野と田岡が謎のグループに捕まり、いきなりピンチを迎えているカットも。“新人”の田岡がもたらすこの局麺を鷹野は一体どう乗り切るのか―。ドラマ版では映画版では観ることのできないコンビ結成初期と、鷹野と田岡のよりパーソナルなバックグランドが描かれる。惜しくも公開延期となった映画版だが、このドラマ版から見ることにより、その楽しみと感動も倍増すること請け合いだ。さらに本日より公式サイトもリニューアルオープン。


WOWOWが挑む、究極のドラマシリーズ。『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』。 5月24日(日)、いよいよ放送開始。スターキャスト激突で贈る究極のノンストップ・サスペンス。近日公開予定となっている映画版へと連なる仕掛けも随所に。連続ドラマWの新たな金字塔を目撃せよ。


■『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』
<連続ドラマ版>5月24日(日)より、WOWOWプライムにて放送スタート
毎週日曜22時~全6話/第1話無料放送
<映画版>近日公開
ストーリー原案:吉田修一
監督:羽住英一郎
主題歌:King Gnu「泡」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
出演:藤原竜也 竹内涼真 安藤政信 多部未華子 市原隼人 柿澤勇人 金井勇太 日向亘 / 酒向芳 宇梶剛士 白羽ゆり 松本実 小市慢太郎 石橋蓮司 吉田鋼太郎/佐藤浩市
制作会社:ホリプロ・ROBOT
(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020 WOWOW

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)