傷だらけの高橋克典とエプロン姿の戸次重幸、『越境捜査』場面写真公開

TV 公開日:2020/04/14 10
この記事を
クリップ

テレビ東京の「月曜プレミア8」枠の単発ドラマ第1弾として、4月20日(月)よる8時より『駐在刑事』シリーズでもおなじみの笹本稜平による警察ミステリー『越境捜査』が放送される。

本作は「越境」とのタイトルにも表されている、警視庁vs神奈川県警の構図。その二つの大きな組織の縄張り争いで迷宮入りとなった未解決事件とその裏に潜む巨悪。消えた12億円を警視庁の窓際刑事&神奈川県警の不良刑事が追うエンタメ感満載の社会派ミステリーの決定版。

主役・警視庁特捜係・鷺沼友哉を演じるのは、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の織田信秀役を好演した高橋克典。さら高橋とバディを組む神奈川県警山手北署・宮野裕之を演じるのは、昨年テレビ朝日で放送された『おっさんずラブ-in the sky-』のシノさんこと四宮要役が記憶に新しい戸次重幸。


放送を1週間後に控え、場面写真が公開された。公開された場面写真は、傷だらけの中でも鋭いまなざしを向け犯人を追い続けるの高橋と、役だけでなくプライベートでも料理上手な戸次のエプロン姿。キャラも見た目もが違う二人が、徐々に息の合うコンビとなり事件の真相に迫っていく。

【写真】そのほかの場面写真を見る


【あらすじ】
14年前、12億円を騙し取った男が金とともに失踪。数日後に海で遺体となって発見された「森脇事件」。犯人も金もいまだ見つかっていない、この未解決事件を追っている警視庁特捜係・鷺沼友哉(高橋克典)が、本牧埠頭で何者かに襲われケガを負う。そこへ現れたのは神奈川県警山手北署の宮野裕之(戸次重幸)。県警で偶然「再捜査する鷺沼に焼きを入れる」という立ち話を耳にし駆け付けたという。宮野の目的は12億円の横領だったが、利害が一致したこともあり、2人で事件解決に挑んでいくことに…。県警はなぜ再捜査を阻むのか?消えた12億円は一体どこに?組織、管轄、派閥…さまざまな境を越えて捜査を続けた2人は、やがて想像を絶する巨大組織の実像にたどり着く――。

■月曜プレミア8『越境捜査』
4月20日(月)夜8:00~9:54
【出演者】高橋克典、戸次重幸、内山理名、平山祐介、結城モエ、伊藤正之、ベンガル、石丸謙二郎、大西武志、大迫一平、あめくみちこ、中丸新将、永島敏行
【原作】笹本稜平 「越境捜査」(双葉文庫)
【脚本】坂上かつえ
【監督】児玉宜久
【チーフプロデューサー】中川順平(テレビ東京)
【プロデューサー】山鹿達也(テレビ東京)元信克則(ユニオン映画)岡本慶章(ユニオン映画)
(C)テレビ東京

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)