佐野勇斗、飯豊まりえら“ボクセカメンバー”と最高の笑顔ショット公開

TV 公開日:2020/04/07 4
この記事を
クリップ

俳優の佐野勇斗と女優の飯豊まりえがW主演を務めるAbemaTVドラマ『僕だけが17歳の世界で』(毎週木曜夜11時~)が2日、最終回を迎えた。佐野は6日、アメーバオフィシャルブログを更新すると、最後に“ボクセカメンバー”との最高の笑顔ショットを公開し、「未来の自分に怒られないように 今を、精一杯生きたいと思います!」と決意を新たにした。


『僕だけが17歳の世界で(通称:ボクセカ)』は、幼馴染の航太(佐野)と芽衣(飯豊)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。


2日放送の最終回では、本ドラマの1話あたりの最高視聴者数を記録し、多くのコメントが寄せられたこともありTwitterのトレンドにもランクインするなど、大きな話題を呼んだ。


「航太です」と題した更新したブログ。佐野は「どうも~!航太です 皆さんお元気ですか??僕は元気です!」と挨拶からスタートさせると、「いやぁー、ボクセカ最終回 終わってしまいましたね。。最後まで見て下さった皆さん 本当にありがとうございます!!」とファンや視聴者に感謝を述べ、“ボクセカメンバー”との最高の笑顔ショットを公開。



「面白かったですか??」と問いかけ、「一年後、一ヶ月後、明日。未来は誰にもわからない。そんな未来に向かって、後悔しないように、今を全力で生きよう そんな事を思ってもらえたら嬉しいなぁ~ と思っています」と作品に懸けた想いを明かし、自身も「この作品からたくさんの事を学びました 未来の自分に怒られないように 今を、精一杯生きたいと思います!」と決意を新たにした。


続けて、同ドラマを手掛けた藤野プロデューサーへ「僕に航太という役をくださって 本当にありがとうございます!藤野さんと出会えて良かったです!これからもポンコツ佐野勇斗をよろしくお願いします」と感謝し、「僕のお家に遊びにきてくれるの待ってますね!!」と呼びかけた。



最後は「このブログを読んでくださったみなさん 本当にありがとうございます!一旦航太ブログはここで終了です」と、最後のブログ更新であることを伝え、「もしまた何かの機会で復活したら その時は読んでね 最後まで読んで下さりありがとうございました!航太 佐野勇斗」と感謝の言葉でブログを締めくくった。


この投稿に対して、最終回を見たファンや視聴者からは「めちゃめちゃ好きなドラマになりました」「素敵な作品をありがとう」「最終回、とってもとっても感動しました!」「この作品に出会えて本当に良かったです!」「とっても面白かった」「最高のドラマをありがとうございました!!」「もう最終回ほんとに感動した…」「ボクセカ、最高でした」「最終回はめちゃくちゃ泣きました。。感動したなあ。。」などの声や、「航太も芽衣も色んなことを教えてくれてありがとう!」「航太に出会えてよかったです!航太サンキューなっ!!!!!!!」「ドラマおわってしまったのはとっても寂しいですけど、全話とっても学ぶことが多くて感動してました」「ぼくせかを見て、後悔をしないように生きようと思えました」「このドラマでは色んなことを考えさせられました。今学校も休校になったりして大変なことが多いけど、怠けず、今をしっかり生きようと思います!」「本当に今の時代、明日何が起きるか分からないので、今を全力で生きたい」と、同ドラマや航太(佐野)、芽衣(飯豊)を通じて多くのことを学んだという声も相次いだ。また、ブログに対しても「いつもブログ楽しみにしてたよ!!ありがとう!!」「佐野くんの人柄、他の皆さんの優しさが詰まったオフショット毎回楽しみでした笑」「このブログが復活出来ることを願っています!」などの声が寄せられている。


■『僕だけが17歳の世界で』

Abemaビデオにて全話配信中

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)