『テラスハウス』地獄編突入か!?“コスチューム事件”に反響殺到

TV 公開日:2020/04/06 14
この記事を
クリップ

『テラスハウス』で事件が起きた。


現在テラスハウスに入居しているメンバーは、プロレスラーの木村花、コメディアン志望の小林快、モデルのラズドゥミナ ヴィオレッタ、会社経営者の新野俊幸、会社員でグラビアモデルの吉田夢、大学生の鈴木志遠の6人。


第37話では、花、夢、俊幸、快の4人が京都旅行へ。京都旅行を経て、一時は両想いか?と思われいた花と快だったが、花は快への不満を募らせていく。そして3月31日に配信された第38話で花の快への怒りが爆発した。


ある日の夜、夢が女子部屋にいると「やばいよ!」と花が泣きながら入ってくる。夢が事情を聞くと、花の大切なコスチュームを誰かが洗濯機で乾燥させてしまい、その結果そのコスチュームが縮んで着られなくなってしまったという。


夢はその日の朝、洗濯をしようとしたときに、洗濯機の中に男物の服に女物の服が混じっていることに気が付き、そのことをグループラインで送信。しかし、その夢のLINEに“女物の服の持ち主”の花しか返信せず、その“男物の服の持ち主”はLINEを既読スルーする。その人物が既読スルーをしたことに、花は怒りを加速させる。


その“男物の服”の持ち主は、快だった。


花は夢に「最悪の状況。このコスチュームは命と同じくらい大事。そこらへんで売ってるやつじゃないからね。何時間もかけてデザイナーさんと相談して…」と泣きながら訴える。続けて花は「絵描いて、適当にスタンダップして、なんかよくわかんないバイトして、金持ちの親友に寄生してその人のお金でのらりくらりやってさ。なんも考えてないんだな、あいつ。」と快に対する不満をぶちまけた。「朝からDJやってて、ビビによくキレられてんじゃん、今回のことに限らずさ。ダブルデートもさ、男同士で勝手にやり始めて、当日いきなりスタンダップが…とか言い出して。悩みなんてみんなあるんだよ!人のこと舐めるのもいいかげんにしてほしい」とコスチュームの怒りから、京都旅行の時や、普段の快の生活態度にも言及。花は積み重なった快への怒りが止まらない様子だった。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)